live stream commerce
17 March 2021 / Published in Ecommerce
ライブコマースとは、インターネット上で配信されるライブストリーム動画を利用して、視聴者に商品を販売することです。販売者は、ソーシャルメディアや専門のライブ配信サイト、自社のEコマースサイトでライブ配信を行うことができ、商品の宣伝のためにインフルエンサーの力を借りることもよくあります。 推定では、2019年のライブEコマースの市場規模は600億米ドルで、中国が最大の市場であり、その他の東南アジアもそれに遠く及ばないとされています。さらにForrester社は、中国におけるライブストリームコマースは、2023年までに1,000億米ドルに達し、年平均成長率(CAGR)は45.7%になると予測しています。 本日は、ライブストリームEコマースの仕組み、ライブコマースの市場規模が拡大している理由、ライブコマースが広く普及するために直面する課題、そして将来の展望についてご紹介します。 1.ライブコマースの仕組みについて ライブショッピングは、QVCやHome Shopping NetworkのようなホームショッピングTVチャンネルをインターネット上で自然に進化させたものです。ライブ・ストリーム・ショッピングは、事前に録音された売り込みの代わりに、リアルタイムのビデオ配信に依存しています。よくあるのは、ブランド側がライブストリームイベントの前に、有名で人気のあるソーシャルメディアのインフルエンサーにアプローチして、商品を売ってもらうことです。ライブ配信で販売される商品は、化粧品、衣類、靴などが一般的ですが、時には食品や高級アルコール飲料が販売されることもあります。 例えば、ライブコマースが最も普及し、進んでいる中国では、インフルエンサーはKOL(Key Opinion Leader)と呼ばれています。フォーブス誌の調査によると、彼らは約4時間連続で活動し、1時間ごとに平均12個の激安商品を宣伝し、視聴者や購入者はコメントや電話で彼らと交流したり、商品の詳細を聞いたりすることができるという。また、多くのライブストリーミング番組では、より多くの人に見てもらうために、音楽的な要素や有名人のゲストを交えており、単なる買い物ではなく、総合的なエンターテイメントになっています。 「リップスティック・キング」ことLi Jiaqi氏は、中国で人気のライブストリーミング・インフルエンサーです。 2.ライブストリームはどこで見ることができますか? ライブストリーム・コマースの配信方法は以下の通りです。 ソーシャルメディアでこれがFacebookやInstagram、WeChatなどのソーシャルメディアプラットフォームで配信されると、ストリーミングEコマースはソーシャルコマースの一面を持つことになります。 Eコマースのウェブサイトに ライブコマースのビデオは、小売業者のEコマースウェブサイトで直接ストリーミングされます。 Eコマース・マーケットプレイス。Amazon LiveやTaobaoなどの有名なマーケットプレイスには、独自のライブストリーミング機能があります。 ライブストリームウェブサイト。小売業者は、TalkShopLiveやBrandliveのようなライブストリーミング専門のプラットフォームサービスやライブコマースアプリのビデオ技術を利用することができます。 リアルなイベント。北欧のファッションブランドであるBooztが2021年のStockholm Fashion Weekで行ったように、実際のイベントでライブストリーミングによるコマースを行うことも可能です。 3.なぜライブストリームコマースが人気を集めているのか? ライブコマースは、比較的最近登場したデジタルショッピング体験で、新しいオンラインビデオ技術によって実現されています。ガートナー社の「ハイプ・サイクル・フォー・デジタル・コマース2020」によると、ライブ・コマースは期待と実験の第一波のピークに近く、一般に広く採用されるプラトーに到達するにはさらに2年かかるとしています。 ライブ・コマースの人気が高まっている理由は、主に4つあります: COVID-19です。コロナウイルスのパンデミックは、オンラインショッピングのトレンドを最大10年も加速させただけでなく、Zoomのようなビデオ通話サービスをビジネスや友人・家族とのつながりのために使うことにも慣れてきました。そこから、ビデオで購入することに大きな飛躍はありません。 人々はパーソナライズを求めています。ライブストリーミングによる商取引は、テレビショッピングよりも個人的な感覚を持っています。これは、ライブストリームのコメント欄のインタラクティブな性質や、ビデオのホストが視聴者に即座に反応することによるものです。翌日配達という非人間的で効率的な世界に人間的な温かみを取り戻すことで、顧客体験の向上に貢献しています。個人的で人間的な触れ合いを求めるのは、2020年から21年にかけて、ロックダウンと社会的距離のある世界で生活することへの恐怖と孤独の産物でもあります。 インフルエンサーはクールです。Instagram、TikTok、Twitterに夢中になっている人々は、お気に入りのソーシャルメディアの有名人を見たいと思っています。インフルエンサー・マーケティングでは、ブランドはこのファンダムを利用して、インフルエンサーに莫大な金額を提供し、プロフィールやストーリー上だけでなく、ライブ販売イベントや、時にはオンラインオークションでも商品を宣伝してもらいます。 デジタルコマースの技術はより強力になっています。このようなことは、顧客向けのインターネット・アプリケーションに、よりスマートでアクセスしやすいテクノロジーを導入する傾向が強まっていなければ実現できません。ライブストリーミングによるEコマースのすべてがソーシャルメディア上で行われているわけではありませんが、特にFacebookやYouTubeなどのソーシャルネットワークに決済ゲートウェイが統合され、ライブビデオとデジタルショッピングの2つの力が組み合わされるようになっています。 4.ライブコマースが直面する課題 このようにオーディオビジュアルがデジタルコマースに貢献しているにもかかわらず、ライブ放送によるオンラインショッピングが主流になるには、まだ何年もかかるでしょう。克服しなければならないハードルには次のようなものがあります。 消費者の受け入れ態勢。商品リストを見たり、カスタマーレビューを比較したりすることを主な小売活動としている買い物客にとって、ライブ配信の動画を見ることは、時間のかかる疲れる作業のように思えるかもしれません。買いたいものがはっきりしていて、それを直接検索する方がはるかに効率的な買い物ができるように思えますが、ライブストリーミングが提供する商品発見の重要な側面が欠けています。ブランドは、買い物客が初めてライブストリーム・ショッピングを試す前に、また、定期的に利用し続ける前に、その利点を納得させなければならないだろう。 選択肢の麻痺。ライブ・コマースがソーシャル・コマースや E コマースの世界に進出すると、すべての E コマース事業者が嫌う「選択肢のマヒ」に直面することになります。ライブストリームで買い物をする際に何千もの選択肢があると、潜在的な顧客は最良のものを選ぶのと同じように、どれも選ばない可能性が高くなります。 顧客ロイヤリティ。いわば、顧客を「入口」に連れてくることは、ほんの始まりに過ぎません。ライブ配信で商品を販売するブランドにとって、より大きな課題は顧客の維持です。再来店者向けの特別割引やクーポンは、リピート購入を確実にするための一つの方法ですが、将来的には、より多くのライブ配信のために人々を再来店させるための新しい手段を市場が革新する必要があります。 設定のコスト。このような割引だけでは十分でないように、ライブショッピングのストリームでは、通常、商品は大幅に割引された価格で販売されます。ライブストリームでのショッピング体験を設定するには高額な投資が必要であり、マーチャントが適正なROIを得るためには、これらのコストを相殺する方法を見つける必要があります。 準備に意欲的であること。コマースのライブ配信を行うには、費用がかかるだけでなく、多くの計画的なリソースが必要となります。マーチャントは、イベントを成功させるために、シーンの準備、ブランドの認知度向上、広告宣伝などに、お金だけでなく時間も投資する覚悟が必要です。 技術的な統合性の欠如。FacebookやAmazonをはじめとするEコマースでは、ライブストリーミングの技術が向上しているのは事実ですが、人々がオンラインコマースに期待する体験とは、まだ十分に統合されていません。ソーシャル・メディア・プラットフォームとEコマース市場が、技術的な野心と人間の経験的な要素を統合することができない限り、ライブ・ソーシャル・コマースは普及しないだろう。 5.ライブコマースの未来とは? ここで重要なのは、他のほとんどすべての E コマースのトレンドと同様に、ライブコマースにおいても、中国の買い物の習慣と技術力は他の国よりも少なくとも 3 年は進んでいるということです。中国のサービスプロバイダーである「WePay」によるデジタル決済は、「PayPal」が「Facebook」と連携するよりもずっと前から、Eコマースのウェブサイトやソーシャルメディアのプラットフォームで利用可能でした。ライブ・ストリーミング・コマースの将来性については、東洋に注目してください。 The China Guys が指摘しているように、中国の経験から、ライブコマースの未来には次のようなものがあると考えられます: より年齢の高いターゲット市場での利用。18歳から35歳までの若者だけでなく、35歳以上の高齢者の買い物客も含め、より多くのオーディエンス層にライブコマースの導入が進むでしょう。 リッチなビデオコンテンツ。消費者が、単なる計算された売り込みではなく、より充実したショッピングやエンターテインメントの体験をしていると感じられるように、コンテンツはより楽しく、より意味のあるものになるでしょう。 マイクロインフルエンサーの増加。視聴者に最も有用で有益なコンテンツを提供するために、ブランドは大物インフルエンサーに頼るのではなく、ゲーム、高級ワイン、自己啓発書など、特定の分野で消費者を惹きつけるニッチな専門家を探すようになるでしょう。 さまざまな分野への拡大。ライブストリーミングは、Eコマースの販売だけでなく、Baiduがライブストリーミングサービス「Haokan」で計画しているように、健康アドバイスや医療相談など、より多くの分野に拡大していくでしょう。金融、エンジニアリング、政府手続きなど、あらゆる業界を思い浮かべてみると、その業界の製品やサービスをライブビデオやソーシャルメディアで提供できる可能性があります。 SmartOSCは、Eコマースマーチャントがその可能性を最大限に発揮できるようサポートします。いつでもお気軽にご相談ください。 ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace