10 June 2021 / Published in Magento
1. Magento POSによるオムニチャネル・ジャーニーの実態 オムニチャネルの小売システムは今や必須であり、買い物客は特にMagento POSシステムの助けを借りて、オンラインと対面の両方のサービスを利用しています。 実店舗での販売は、今やオンラインショッピングの延長線上にあり、クリック&コレクト(オンラインで購入して店舗で受け取る、またはオンラインで購入して店舗で返品する)のような、実際の店舗での体験やフルフィルメントサービスを提供しています。 JDAソフトウェアの最近の調査によると、回答者の50%が過去12ヶ月間に店頭受け取りサービスを利用したことがあると答えており、これらのオプションは買い物客の間でますます人気が高まっています。 Magentoでオンラインビジネスを展開し、実店舗にMagento POSを導入している場合、これらのサービスを開始するための基本的な要素は揃っています。 しかし、それほど単純な話ではありません。JDA Software社の調査では、小売店のマネージャーは、不正確なデータ、限られた在庫、遅い補充など、オムニチャネルの導入に関連する多くの課題に遭遇していることもわかりました。また、お客様からは、スタッフが注文品を取り出すのに時間がかかったり、システム上で注文品を見つけられなかったりしたとの報告がありました。 ハーバード・ビジネス・レビューの調査によると、オムニチャネル・モデルは店舗での消費額の増加につながりますが、お客様とスタッフがシームレスな流れとリアルタイムのアップデートで真の「オムニチャネル」を体験できるようにする必要があります。 2. オムニチャネル対応のMagento POSシステムを店舗に正しく導入するには? 専用のリソースを割り当てる オンラインピックアップのためのエリアを設計し、ピックアップの注文が多い場合は、このための専用のストアアソシエイトを配置することを検討すべきです。これにより、お客様は混乱することなく迅速に商品を受け取り、返品することができます。 また、オンラインでの受け取りのためにスタッフを確保するかどうかにかかわらず、店舗の従業員に対して、注文の履行や返金などのポリシーや店舗での手続きについて適切なトレーニングを行うようにしましょう。これは、季節労働者にも適用されます。 在庫管理ソフトの導入 複数店舗の在庫管理では、不正確なデータ、限られた在庫、遅い補充などが最大の課題です。優れた在庫管理システムは、効果的な在庫管理の鍵となります。オンラインと実店舗の複数の店舗を管理しています。しかし、在庫管理にテクノロジーを活用している店舗管理者は64%しかいません。 ConnectPOSは世界でも有数のMagento POSプロバイダーです。Boostmyshop社のEmbedded ERPと統合されており、リアルタイムでの在庫の追跡・更新、在庫が少なくなった際の店舗管理者へのアラート、店舗間の在庫移動、サプライヤーへの発注など、複数店舗の在庫を効率的に管理することができます。 データを活用する Magento POSや在庫管理ソフトのレポートを利用して、今後の在庫やスタッフの必要性を判断しましょう。 ConnectPOSのレポートでは、店舗の全体的なパフォーマンス、売れ筋の傾向、売れ筋商品、在庫状況などを知ることができるので、すぐにアクションを起こすことができます。ダッシュボードをカスタマイズして、ログインするたびに最も重要な指標を表示することができます。 これらのヒントが、オムニチャネルMagento POSシステムの構築を成功させ、顧客の幸せを確保するのに役立つことを願っています。 ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace