16 April 2021 / Published in Ecommerce, Magento
オンラインマーケットプレイスを開設しませんか?ここでは、CMのMulti-vendor Marketplace Extensionを使用するメリットをご紹介します。 マルチベンダー・マーケットプレイスとは、サードパーティの販売者(ベンダーやサプライヤーなど)が商品を一括して販売するためのオンラインストアです。 多くの方がマルチベンダー・マーケットプレイスを利用する理由は、複数の販売者からより多くの種類の商品を販売することができ、これらの販売者が在庫、価格、商品の詳細、配送などを担当するからです。 Magento 2のMulti-Vendor Marketplace Extensionは、EコマースストアをAmazonのようなオンラインマーケットプレイスにする簡単な方法です。 このエクステンションの特徴としては、メンバーシップオプション、ベンダーのスケジュール決済、出荷管理オプション、ベンダー登録ページなどがあります。 このエクステンションでは、ベンダーは完全に独立したベンダーポータルとダッシュボードを持ち、すべての商品を管理することができます。 ベンダー用に個別の登録とログインページを設定し、各ベンダーが追加したすべての製品のリストを表示することができます。 さらに、CSVファイルを使った商品の一括アップロードや、各注文の配送用に高度なトラッキングコードを提供します。管理者はベンダーを承認する必要があり、ベンダーはカスタマイズされたプロフィールを持ち、商品ページに表示されます。 すべてのサプライヤーは、配送方法とコストを簡単に管理することができます。また、あらかじめ定義された配送方法を顧客に選択させることもできます。 毎月のベンダーへの支払いを整理するために、請求書を簡単に追跡・管理することができます。また、サプライヤーの売上換算や売上レポートを作成することができます。 1.ベンダーとドロップシッピングの高度なオプション Magento 2 の Multi-Vendor Marketplace Extension は、ベンダーやマルチベンダーにも対応しています。これにより、ユーザーは在庫を抱えることなく、オンラインで商品を販売し、サードパーティのベンダーから購入者に直接発送されるというサプライチェーンを構築することができます。 これは、サプライヤーが商品を大量に卸売りや小売に販売することで商品価格を下げるドロップシッピングのケースで非常に有効です。 2.配送オプションの独立した価格設定 Magento 2 の Multi-Vendor Marketplace Extension の明確な利点のひとつは、サプライヤーが商品の配送を追跡・管理できることです。 サイト管理者がこのオプションを有効にすると、販売者はサイズ、重量、購入した商品の量などに応じて配送料を設定することができ、販売者にとって実際に利益が出るようにすることが容易になります。 さらに、どの商品が最も売れているか、誰がどの商品を買っているか、どこに配送しているかなど、詳細な統計レポートにアクセスすることができます。 商品が購入されると、販売者やベンダーに通知が送られ、ベンダーは商品の発送を担当します。 3.ストア管理者がECサイトを完全にコントロール 自分のウェブサイト上のアカウントを管理するために売り手を承認または解雇するかどうかを選択したり、自分のウェブサイトに表示されるから特定の製品をブロックします。 すべての販売者アカウントに適用される永続的な機能を定義するか、または各販売者が独自に機能をカスタマイズできるようにします。 販売者または購入者の活動ごとに、どのようなクエリを表示するかを決定することができます。 商品ごとに販売者をグループ分けすることができます。 サイト内のすべての買い手と売り手の活動に関する詳細な統計レポートを取得し、マーケットプレイスの管理を成功させることができます。 CreativeMinds社のMagento 2用Multi-Vendor Marketplace Extensionは、オンラインでマルチベンダーマーケットプレイスを始めようとしているサイト管理者や、大規模なEコマースプラットフォームで製品を販売したいと考えているベンダーに大きなメリットをもたらします。 4.サプライヤーにとってのメリット サプライヤーは、製品、製品の説明、画像、メタデータを簡単に追加でき、CSVファイルを使用して製品を一括でインポートすることもできます。 設定可能な商品に関連商品を作成したり、既存の商品を利用することができます。 本番稼働前にフロントエンドで商品をプレビューすることが可能です。 サプライヤーは、サプライヤー製品フォームに新しい要素を追加することができます。 選択した輸送会社の要件に応じて、出荷情報を簡単に印刷・保存することができます。 5.管理者にとってのさらなる利点 ベンダーが自分のマーケットプレイスで商品を販売することを承認または却下する機能 ベンダーがアップロードした商品は、デフォルトでは保留されているため、オンラインで公開する前にサイト管理者による承認が必要となります。 ベンダーとカスタマーの両方が利用可能なオプションを完全にコントロールできます。 商品の表示方法を完全にコントロールすることができます。 ベンダーと商品を特定のショップカテゴリーに分けることができます。 すべてのドロップシッピングは、ベンダーが責任を持って管理します。 オンラインでの注文に関する定期的なレポートと統計 すべてのEコマース活動を制限および追跡する機能 管理者用コントロールパネルへの専用アクセス 6.自社製品を販売するベンダーのメリット 管理画面にログインすることなく、フロントエンドから商品の編集、プレビュー、有効化、無効化が可能です。 注文、価格設定、配送手配をそれぞれ独立して管理することができます。 出荷価格を完全にコントロールすることで、ベンダーと顧客の両方にとって利益のある販売を実現します。 デジタル製品など、あらゆるタイプの製品を作成、更新、管理、追跡することができます。 ドロップシッピングを目的としたサプライチェーンの構築が可能です。 ベンダーインターフェースを利用した出荷の追跡と管理が可能です。 商品の詳細なレポートで売上を追跡します。 7.まとめ Multi-Vendor marketplace extension for Magento 2を使うと、在庫を持たずにニッチなオンラインマーケットを簡単に作ることができるというメリットがあります。 ベンダーの販売手数料を設定したり、個々の販売者にカスタムのコミッションレートを提供することも可能です。 複数の売り手のプロファイル、出荷手配、製品情報、およびサプライヤーの機能を承認するような管理者のモデレーションのための複数のオプションがあります。 詳細な販売レポートを受け取り、カテゴリー、サプライヤー、顧客グループなどで結果をフィルタリングすることも簡単です。 マルチベンダーマーケットプレイスでは、完全に統一されたカートシステムがあり、すべての支払いを処理し、手動と自動の両方でベンダーに支払います。 Multi-Vendor Marketplace for Magento 2は、サプライヤー、ベンダー、ウェブサイト管理者がオンラインビジネスを成功させるために有益です。在庫から発送、請求、レポートに至るまで、このエクステンションはビジネスを円滑に進めるための有益で整理された洞察を提供します。
16 April 2021 / Published in Ecommerce, Magento
ユーザーエクスペリエンスは、Magentoストアの成功に不可欠です。もし改善したいのであれば、サイトの UX を向上させる方法はたくさんあります。 Magento は優れたユーザーエクスペリエンス(UX)を標準で提供しています。それが、Magento ストアを運営する人と、そこに集まる顧客の両方を魅了しています。 しかし、大なり小なり、ストア全体のユーザーエクスペリエンスを向上させるための方法があります。このページでは、その方法をご紹介します。 1.UXとは? 定義によれば、UXとはユーザーが企業の製品やサービスを利用する際のインタラクションや体験のことです。つまり、Magentoストアのデザインが優れていれば、ユーザーはウェブサイト上でよりポジティブな体験をし、商品やサービスを購入することができるのです。 Magentoストアでより良いユーザー体験を実現するには、様々な方法があります。その中には、顧客を惹きつけたり、商品やサービスを強調して購入してもらうための、簡単な修正や美観の変更もあります。 2.シンプルなホームページ作成 デザインに関しては、シンプルであることが大切です。コンテンツや画像、情報を詰め込みすぎないこと。正確に、要点だけを伝えるために、可能な限りミニマルにします。 3.簡単なナビゲーションが重要 どんなにきれいで情報量の多いMagentoストアでも、誰も操作できず、商品を見つけることができなければ意味がありません。ウェブページのナビゲーションやメニューシステムは、非常にユーザーフレンドリーでなければなりません。 各ページの操作が簡単で、お客様がページ内で迷ったり、詰まったりしないようにする必要があります。このように、ページからページへと簡単に移動できるようにすることで、全体的なユーザー体験を向上させ、お客様の再訪や購入を促すことができるのです。 4.おすすめ商品の表示 Magentoストアには様々な商品があるので、お客様におすすめの商品を紹介するのは良いアイデアです。おすすめ商品を表示することで、特定の商品のアップセルを促進することができます。 5.フィルターと検索ボックスの有効化 お客様がMagentoストアを簡単に訪れることができるようにするには、フィルタリングシステムを追加するのが一つの方法です。ブランド、サイズ、カラーなどのフィルターを設けることで、商品を簡単に絞り込むことができ、商品を見つけやすくなります。 検索ボックスを設けることは、お客様が特定の商品を検索するための簡単な方法であるため、ウェブサイトにとって重要です。自分の欲しいものがわかっているお客様は、キーワードで簡単に商品を見つけることができます。 また、検索バーはページの美観を向上させます。最近では、ほとんどのウェブサイトに検索バーが設置されていますし、そもそもMagnetoの店舗の多くは、検索エンジンに入力された検索クエリによって発見されています。 6.商品目立 ネット上にはたくさんの商品があり、様々な場所から販売されています。重要なのは、お客様に商品を見てもらい、簡単に購入してもらえるようにすることです。そのためには、商品ごとにユニークな商品説明を書く必要があります。 商品説明は、他の場所からコピー&ペーストするのではなく、検索順位を上げるためのキーワードを入れて、個別に書き出す必要があります。このひと手間が、商品を見てくれる人を大きく変えるのです。 7.すべての画像が高品質であること Magentoストアのコンテンツはどれも重要ですが、審美的には画像が人々の目を引きます。高品質の商品画像を使用することで、商品に信頼性を与え、お客様に商品を目立たせることができます。 また、高品質の画像を使用することは、SEOの観点からも良いアイデアです。 8.複数の支払い方法用意 多くの商品がオンラインで購入されているため、支払いプロセスを可能な限り完璧にすることが重要です。オンラインでは何十種類もの支払い方法が用意されていますが、これらの支払い方法に対応することが重要です。 また、PayPalやStripeのようなサードパーティの決済システムを使えば、Magentoストアでの決済管理の手間を省くことができますし、これらの決済オプションはボタンをクリックするだけで使えるように設定されています。 9.お客様の声の提供 大多数の人は、その製品やサービスをすでに使用したことのある人からの推薦をもとに製品を購入します。購入者の成功率を高めるために、実際のお客様の声を全文、さらには画像付きで掲載しましょう。 製品やサービスが機能していることを証明するものがあれば、人々は自分のために購入したいと思うだけでなく、自分のレビューを残して製品の信頼性を高めることにもつながります。 10.購入履歴表示 お客様がMagentoストアで購入した際には、購入サマリーを提供する必要があります。このページには、商品名、SKU、支払詳細、配送詳細、商品画像などの重要な情報を含めることができます。 この概要は、顧客に購入の詳細を提供し、チェックアウトページでのミスや不正確な情報を防ぎます。 11.結論 Magentoストアのユーザーエクスペリエンスは、その成功に不可欠です。これには、ウェブサイトに表示されるコンテンツや画像の量から、全体的なナビゲーション、さらには個々の製品に至るまで、すべてが含まれます。 この記事で紹介しているユーザーエクスペリエンス向上のための提案は、どれも簡単に対応・変更できる問題であり、ユーザーのMagentoストアでの体験を大幅に改善することができます。    
16 April 2021 / Published in Magento
Magento を使って E コマースストアを構築・運営すると、さまざまなメリットが得られます。ここでは、Magento 2 の最大の長所、つまり検討に値する最も重要な機能について説明します。 Magentoについて詳細に調べてしましょう! 1.様々なフェースを持つMagento 最初に、Magentoには3つの異なるバージョンがあることを覚えておいてください。それぞれ、使い方や機能が異なります。それは Magento 2 オープンソース(Magento 2 Open Source):Community Editionとも呼ばれる、無料版のMagentoです。Magentoのウェブサイトからダウンロードでき、誰でも使用することができます。ただし、ホスティング、サポート、開発などのコストはユーザーが負担する。 Magento 2 Commerce:完全なオンプレミス型のプレミアム版で、機能やサポートが追加されています。Magento Commerceは、Eコマースのビジネスオーナーがウェブサイトを完全にコントロールすることができます。 Magento 2 コマースクラウド:Magento 2プラットフォームのクラウド版です。Magento 2 コマースクラウドは、Magento 2プラットフォームのクラウド版ですが、セルフホスティングを必要としないため、コストを削減することができます。 2.Magento 1とMagento 2の比較 Magento 1は、Magentoプラットフォームのオリジナルバージョンです。2008年にリリースされたMagento 1は、Eコマースサイトを構築・運営するための最も人気のあるツールの1つとなりました。 しかし、10年代にEコマースが爆発的に普及すると、オリジナルバージョンのMagentoは時代遅れになり、新しいバージョンが開発されました。Magento 2は、プラットフォームのスピードとパフォーマンスを向上させ、顧客がより使いやすくなることを目的としています。 Magento 1は、2020年6月に正式にEnd of Lifeを迎えました。Magentoの親会社であるAdobeは、Magento 1のサポートを終了します。そのため、新旧を問わず、ユーザーのウェブサイトを最新の状態にして、パフォーマンスを向上させ、セキュリティ問題を回避することが重要です。 3.Magentoの最重要機能 クリエイティブマインズはMagento 2の大ファンですが、今日はその良さをお伝えするために来たのではありません。しかし、ここではMagentoを優れたEコマースプラットフォームにしている最も重要な機能をご紹介します。 3.1. ユーザーフレンドリーな機能 Magento 1からMagento 2にウェブサイト全体を移行するのは大変なことでしたが、プラットフォームの開発者は、それに見合うだけの機能を提供しなければならないと考え、ビジネスのためのよりユーザーフレンドリーな体験に重点を置きました。 その中でも特に重要なのは、管理パネルの導入です。管理パネルでは、ウェブサイトの管理者がコントロールできるようになっています。 簡素化されたナビゲーションで使いやすくなったMagento 2には、ウェブサイトとその編集作業を簡単にカスタマイズするためのツールがさらに追加されています。 3.2. 製品セクションの改善 Eコマースストアで最も重要な部分は何でしょうか?それは商品です。Magento 2 には、ビジネスオーナーにもお客様にもメリットのある、改良された商品セクションが搭載されています。 最新バージョンのMagentoでは、商品セクションの設定に関するオプションが拡張されています。これらの機能を利用することで、ウェブサイトの編集にかかる貴重な時間を節約することができます。 3.3. タッチフレンドリー機能 指先といえば、Magento 2にはタッチセンサー機能も追加されています。Magento 2のバックエンドの管理画面は、レスポンシブでタッチセンシティブなので、タッチ対応のタブレットでもウェブサイトを編集することができます。 この機能は、Magentoがプラットフォームを継続的にアップグレードし、最新のトレンドや技術に対応していくことを意味しています。 3.4. アップグレードされたチェックアウト Magentoのもう一つの大きな特徴は、Magento 2に搭載されたチェックアウト機能の改良です。 Magento 2では、チェックアウト機能が刷新され、お客様の利便性が向上しました。さらに、MagentoはWorldpayとCybersourceと提携して、支払いの保護を万全にしています。また、Magento 2では、PayPalやBraintreeなど、マーチャント向けの支払い方法が標準で追加されています。 チェックアウトプロセスは、オンラインショップの最も重要な要素のひとつです。そのため、Magentoがチェックアウトプロセスを最高のものにすることに注力していることは、非常に喜ばしいことです。 3.5. Magentoマーケットプレイス 現実には、想像しうる最大、最良、包括的なEコマースプラットフォームを作ることができます。しかし、それでもまだ足りない機能や、どこかの誰かが欲しがるような追加機能があるかもしれません。そこで、コミュニティの出番です。 Magentoの最大の特徴のひとつは、Eコマースサイトをより良くするための良質なエクステンションが利用できることです。 Magento Marketplaceは、その名の通り、開発者のためのマーケットプレイスです。開発者がエクステンションを共有し、ビジネスオーナーが詳細を確認してダウンロードできるマーケットプレイスとして機能しています。 4.Magento Magic これはMagentoの機能や特徴のほんの一例です。このような強力なプラットフォームを使えば、ウェブサイトをカスタマイズして、夢のウェブストアを作ることができるのです。
05 April 2021 / Published in TechBlogs
この記事に、Magento 2で評価を作成する方法をご紹介いたします。 Magento 2で評価を作成する手順 1.ステップ 1 Magentoの管理画面にログインします。 2.ステップ2 STORES(ストア)→Attributes(属性)→Rating(評価)の順に選択します。 3.ステップ3 「Add New Rating」ボタンをクリックします。 4.ステップ4 新しいレーティングのレーティング情報を入力します。 レーティングタイトルセクションで、新しいレーティングの[デフォルト値]を入力します。ストアビューごとに翻訳を入力することができます。 Rating Visibility]セクションでは、レーティングが使用されるストアビューに[Visibility In]を設定します。 レーティングをストアフロントに表示する場合は、[Is Active]チェックボックスを選択します。 「ソート順」では、このレーティングを他のレーティングと一緒に表示したときの順序を決めるための数字を入力します。 5.ステップ 5 完了したら、「Save Rating」をクリックします。
05 April 2021 / Published in TechBlogs
この記事にはMagento 2にレビューを追加する時はどのように実施するかご紹介いたします。 1.レビュー レビューには、ストアで提供している製品やサービスが含まれます。レビューの多くは、商品やサービスに対する客観的な視点で書かれています。 新規のお客様にとっては、購入の意思決定に大きく影響しますが、過去のレビューには、お客様があなたから購入する際の意見が書かれていることが多いです。それを見て、その商品・サービスを購入するリスクを判断するのです。 自分の店にポジティブなレビューを作ることは、より多くの商品を消費するためのビジネス戦略でもあります。しかし、まず重要なのは、最高の品質の商品・サービスをお客様にお届けすることです。 2.商品ページにレビュー追加 お客様は、Magento2で商品にレビューを以下のように簡単に追加することができます。 3.管理画面でレビュー追加 管理画面では、以下の簡単な手順でレビューを管理することができます。 ステップ1: 管理画面にログインします。 ステップ2: MARKETING(マーケティング)→User Content(ユーザーコンテンツ)→All Reviews(すべてのレビュー)の順に選択します。 ステップ3:「New Review」ボタンをクリックします。 さらに、ダッシュボード上でアクションを起こしてレビューを管理することもできます。 ステップ4:レビューを追加したい製品を選択します。 ステップ5: 新しいレビューの「レビュー詳細」を入力します。 ステータス :レビューをストアフロントに表示するには、[ステータス]フィールドで[承認]を選択します。 商品の評価:評価基準は、チュートリアル「How To Create A Rating In Magento 2」で追加することができます。 Visibility: レビューが表示されるストアビューを選択します。 ニックネーム: レビュー投稿者の名前を入力します。 Summary of Review: レビューの概要を入力します。レビューの概要を追加します。 レビューを表示します。レビューの完全な説明を追加します。 ステップ6: 完了したら「レビューを保存」をクリックします。  
02 April 2021 / Published in TechBlogs
1.ユニットテストとは? 基本的にユニットテストとは、ソフトウェアテストの一部として知られており、ソフトウェアの小さな単位ごとにテストを行います。このテストの主な目的は、ソフトウェアコードが期待通りに動作するかどうかを検証することです。ユニットテストは、アプリケーションの開発過程で行われます。 2.なぜユニットテストが必要なのか? ユニットテストは、主に制作時に発生するバグやエラーの数を減らすために行われます。正確なユニットテストは、Magentoのプロジェクトに最も近い開発者から実施され、ユニットテストの助けを借りて、他のすべての開発者がコードをより正確に理解し、学ぶ機会を得ることができます。 3.Magento 2 でユニットテストファイルを作成する手順 3.1.ステップ1 以下のパスに「 Unittest.php 」ファイルを作成し、コードを追加します。 app\code\Vendor\Extension\Model\ 3.2.ステップ 2 以下のパスにUnittest.phpを作成し、コードを追加します。 app\code\Vendor\Extension\Test\Unit\Model\ 上記のコードを追加した後、Magento 2 のルートディレクトリのターミナルで以下のコマンドを実行します。 最後に以上の説明で、Magento 2 でユニットテストファイルを作成することができたと思います。万が一、ユニットファイルの作成中にエラーが発生した場合は、以下のコメント欄で私に質問してください。 以上。
magento 2 install system
01 April 2021 / Published in TechBlogs
MagentoのリポジトリやGithubから、Apache/NginX、MySQL/MariaDB、PHP 7.xを使って、MAC OSXにMagento 2の最新版をインストールする方法を探しているなら、このガイドは最適な場所です。この記事では、最新のUbuntuにApache2とMariaDBを使ってMagento 2.3をインストールする方法を紹介します。以前の記事では、Magento 2をUbuntu, Centos, Windowsにインストールする方法を紹介しました。 1. MAMPのインストール MAMPは、Mac OSXで最も人気のあるローカルウェブ開発ソリューションです。無料で、ApacheまたはNginX、PHPまたはPython、PerlまたはRubyを搭載しています。 1.最新版のダウンロードはこちら 2.Mac用のMAMPアプリケーションを開き、インストールします 3.MAMPアプリケーションフォルダでMAMPを開く 4.セットアップポート apache: 80; MySQL: 3306 5.Webサーバーを選択します。ApacheまたはNginxを選択できます。ここでは、Apacheを使用しています。 2. Composerのインストール Composerをダウンロードしてインストールするか、コマンドラインを使ってインストールすることができます。 curl -sS https://getcomposer.org/installer | sudo php -- --install-dir=/usr/local/bin --filename=composer Composerがインストールされているかどうかを確認します composer -v ウーパット ______ / ____/___ ____ ___ ____ ____ ________ _____ / / / __ \/ __ `__ \/ __ \/ __ \/ ___/ _ \/ ___/ / /___/ /_/ / / / / / / /_/ / /_/ (__ ) __/ / \____/\____/_/ /_/ /_/ .___/\____/____/\___/_/ /_/ Composer version 1.8.5 2019-04-09 3. Magento 2 Packのダウンロード 次のいずれかのリソースからダウンロードすることができます: https://magento.com/tech-resources/download https://github.com/magento/magento2/releases 読み込み後、パックを /Applications/MAMP/htdocs/ に解凍してください。例:/Applications/MAMP/htdocs/ に magento2 というフォルダがある場合。 4. Magento 2のインストール このアドレス(http://localhost/magento2)にアクセスすると、以下のようなMagento Setup Wizardが表示されます 4.1. インストールの開始 Start Readiness
01 April 2021 / Published in TechBlogs
1.インストールの前に 始める前に、以下のことを確認してください。 お使いのシステムが「Magento System Requirements」で説明されている要件を満たしている。 「前提条件」で説明した前提条件のタスクをすべて完了していること。 Magento サーバーにログインした後、Magento ファイルシステムへの書き込み権限を持つユーザーに切り替えます。これを行う一つの方法は、「Magento ファイルシステムの所有者に切り替える」で説明しています。 インストーラは、必要に応じて複数回実行できるように設計されているので、以下のことが可能: 異なる値を与える:例えば、ウェブサーバーに SSL(Secure Sockets Layer)を設定した後に、インストーラーを実行して SSL のオプションを設定することができます。 以前のインストールの間違いを修正する Magento を別のデータベースインスタンスにインストールする 2.ファイルシステムオーナーとしてログイン 1. Magento ファイルシステムへの書き込み権限を持つユーザーとして Magento サーバーにログインするか、またはそのユーザーに切り替えます。switch to the Magento file system owner を参照してください。 bash シェルを使用している場合は、次の構文を使用して、Magento ファイルシステムの所有者に切り替えると同時にコマンドを入力することができます。 Magentoのファイルシステムのオーナーがログインを許可していない場合は、以下のようにします: 2.任意のディレクトリからMagentoコマンドを実行するには、システムPATHに<magento_root>/binを追加します。 シェルの構文はそれぞれ異なるので、unix.stackexchange.comなどのリファレンスを参考にしてください。 CentOS用のbashシェルのサンプル: オプションとして、以下の方法でコマンドを実行することができます。 cd <magento_root>/bin で ./magento <command name> として実行します: <magento_root>/bin/magento (command name)として実行します。 <magento_root>は、Webサーバーのdocrootのサブディレクトリです。 3.コマンドの概要 次の表は、利用可能なコマンドをまとめたものです。コマンドは概要のみ表示されています。コマンドの詳細については、「コマンド」列のリンクをクリックしてください。 ヘルプコマンド コマンドの全リストを表示するには、次のように入力します: 特定のコマンドのヘルプを表示するには、次のように入力: 例えば: 4.共通の引数 以下の引数は、すべてのコマンドに共通です。これらのコマンドは、Magento ソフトウェアのインストール前でも後でも実行できます:
29 March 2021 / Published in Magento
オンラインマーチャントにとって、Magento と Bigcommerce のどちらを選ぶかは決して簡単なことではありません。どちらのプラットフォームも豊富な機能を備えていますが、ターゲットユーザーは同じではありません。適切なプラットフォームであれば、店舗オーナーは与えられたツールや機能を最大限に活用し、最適なオンラインストアを作ることができます。 以下に、ビジネスに適したプラットフォームを決めるためのポイントをご紹介します。 まずは、それぞれのプラットフォームの特徴を見ていきましょう。 1. Magento と Bigcommerce のハイライト 1.1. Magento  Magentoは、Zend FrameworkをベースにPHPで書かれたオープンソースのeコマースプラットフォームです。2008年にVarien社によってリリースされ、多くのバージョンを経て継続的に更新されています。ビジネスでは、2つのMagentoのエディションを選択することができます。Magento Community (CE)とMagento Enterprise (EE)です。 Magento Community(Magento Open Sourceとも呼ばれる)は、無料で使用できます。そのコードは、支払いなしで簡単にダウンロードでき、開発者がカスタマイズすることができます。 一方、Magento Enterprise(Magento Commerce)には2つの料金プランがあります。プレミアプランはMagento Commerce Cloudで、Magento Enterpriseとホスティングの両方を兼ね備えています。 Magentoの人気度は?198,000以上のライブウェブサイトがMagentoを使用しています。このプラットフォームで運営されているウェブサイトを数えると、その数はさらに多くなります(756,000以上)。このプラットフォームは、その堅牢な機能、優れたスケーラビリティ、コミュニティでの膨大なサポートにより、コカ・コーラ、フォード、レンジローバーなど、多くの世界的企業から信頼を得ています。 1.2. Bigcommerce MagentoがPaaS(Platform-as-a-Service)であるのに対し、BigcommerceはSaaS(Software-as-a-Service)です。つまり、ホスティングされたプラットフォームということになります。BigcommerceとShopifyは、SaaS型eコマースソリューションのリーダーです。BuildWithのデータによると、約51,383のライブサイトがBigcommerceを使用しています。これは、Magentoのユーザー数よりもはるかに少ない。 Magento と Bigcommerce の使用率の違いは何でしょうか?次の比較を読み飛ばしてはいけません。 2. Magento 対 Bigcommerce:接戦の様子 2.1. ホスティング BigCommerceはGoogle Cloud上で動作するホスティングプラットフォームなので、適切なホスティングプロバイダーを探す心配はありません。ダウンタイムについても同様で、BigCommerceの平均アップタイムは99.99%以上です。BigCommerceのウェブホスティングを利用すれば、ページの読み込み時間が短縮され、ウェブサイトのメンテナンスにかかる時間が短くなります。 Magentoは、オンサイト、クラウド、またはサードパーティ経由でホストすることができます。 Magento Commerce Cloudでは、お客様のウェブサイトは完全にMagentoによってホストされ、運営されます。Magento Open Sourceを選択した場合、お客様はドメインとホスティングを購入する必要があります。なお、クラウド版でもPlatform-as-a-Service(PaaS)モデルを採用しています。 2.2. スケーラビリティ Magento と Bigcommerce。拡張性の高いプラットフォームは? 将来的に事業拡大を計画している企業にとって、スケーラビリティは無視できません。大量のトラフィックや売上に対応することは簡単ではなく、準備が必要だからです。eコマースソリューションのスケーラビリティは、ビジネスが成長したときにそれらを処理できるかどうかを決定します。 Magentoは最も拡張性の高いプラットフォームであり、大規模なオンラインストアにとって理想的なソリューションのひとつです。Magentoは、優れた在庫管理システムを備えており、カタログや商品をスムーズに拡大することができます。 BigCommerceとは異なり、Magentoは同じハードウェアで1時間あたりより多くの注文を処理することができ、注文量の急増にも容易に対応でき、カタログ閲覧時のサービス応答時間をほぼ瞬時に実現できます。 BigCommerceの場合は?BigCommerce でスケールアップする場合は、より高いプランに移行する必要があります。 2.3. 支払い方法 Magento と BigCommerce の両方が、多様な支払いゲートウェイをサポートしています。しかし、数の面では BigCommerce が勝っています。このプラットフォームは、PayPal、Stripe、Amazon Pay、Authorize.netなど、40以上のオプションをサポートしています。ただし、多くの国で利用されているSwedbankやSEBなどの支払いには対応していません。 Magentoは決済手段の数が少ないですね。しかし、Magento は、Paypal、Braintree、Authorize.Net など、最も一般的に使用されている決済手段を統合しているため、大きな欠点ではありません。より幅広いニーズに対応するために、いくつかの方法でより多くの決済手段を統合することができます。 2.4. SEOとマーケティング Magento Magento は主要な E コマースソリューションのひとつで、検索エンジンでの表示を最適化するための便利な SEO 設定を多数サポートしています。また、より高度な機能を実現するために、サードパーティのモジュールを利用することもできます。 Magento 2のデフォルトのSEO設定は以下の通りです。 メタデータ パーソナライズド URL 301 リダイレクト サイトマップ Canonical タグ Googleツール さらに、Magento 2はMagento 1に比べて、Auto-GenerationやSchema.orgの機能など、SEOに関する多くの改善が行われています。Auto-Generationは商品のメタデータにテンプレートを設定する際に使用され、Schema.orgは検索エンジンでのウェブサイトの上位表示に役立つ可能性があります。 マーケティングの面でも、Magentoは優れた機能を内蔵しています。ここでは、見逃せない設定項目をご紹介します。 プロモーション:カートの価格ルール、カタログの価格ルール コミュニケーション Email templates, Newsletter templates, Newsletter Queue, Newsletter Subscription レビューモニタリング カスタマーエンゲージメント 特にMagento
magento-2-open-source-vs-commerce-vs-commerce-cloud
25 March 2021 / Published in Magento
Magento 2を使用したオンラインeコマースストアを開設することを決めたら、最適なエディションを選択する必要があります。オープンソース、コマース、またはコマースクラウドです。 それぞれのエディションは、ユーザーに特定の機能を提供します。したがって、適切なエディションを選択するための確実な方法は、お客様の要件を特定し、それをMagento 2のオープンソース、コマース、およびコマースクラウドの機能と関連付けることです。 1. Magento 2 オープンソース版 Magento 2 Open Source Edition(旧Magento 2 Community edition)は、誰もが無料でダウンロードしてインストールできるMagento 2のプラットフォームです。管理者ユーザーは、企業の特定の要件を満たすためにソフトウェアの構成調整を行うことができます。特定の高度な機能を利用するために、マーチャントはMagento 2 Open Source Editionの基本機能を、カタログに掲載されているような特別に設計されたモジュールで拡張することができます。 お勧め:このエディションは、最小限の費用で簡単に機能やロジックを確認することができるため、開発中のビジネスやスタートアップ、小規模店舗にMagento 2 Open Sourceをお勧めします。 2. Magento 2 コマースエディション Magento 2 Commerce Edition(旧称:Magento 2 Enterprise)は、豊富なアウトオブボックスの機能、無制限のカスタマイズ能力、シームレスなサードパーティとの統合をユーザーに提供します。また、24時間365日のメールサポートを受けることができるのも重要なポイントです。 Magento 2 Commerce Editionには、企業のアカウント管理やカスタマーサポート、企業の与信管理、カスタマイズされたカタログ、価格表などの機能のほか、迅速な注文やオンラインでの見積もり依頼を処理するツールなどが含まれています。 さらに、このMagento 2 エディションには、コンテンツステージングというもうひとつの優れた機能があり、ストアの管理パネルから直接、さまざまなコンテンツ更新の作成、プレビュー、スケジューリングを行うことができます。コンテンツステージングは、年間を通じてスケジュールされた日に自動的に変更されるダイナミックなページを作成するために使用することができます。 お勧め:Magento 2 Commerce Editionは、B2Bの企業や、顧客数が多く、商品カタログが大きく、グローバルに展開していて、ビジネスの複雑性が高い店舗に適しています。 3. Magento 2 コマースクラウドエディション Magento 2 Commerce Cloud Edition(旧称:Enterprise Cloud Edition)は、クラウドソリューションのために特別に作られた、マネージドで自動化されたホスティングプラットフォームです。このバージョンでは、Magento 2 Commerceのオンプレミス版の機能がすべて含まれており、クラウドのインフラストラクチャのホスティングが強化され、Gitの統合や開発、ステージング、本番のための主要な環境が追加されています。簡単に言えば、このエディションのオーナーは、統合環境、ステージング環境、本番環境でコーディング、テスト、デプロイを行い、店舗のスムーズなパフォーマンスを確保することができます。 お勧め:Magento Commerce Cloud Editionは、複雑な要件を持つ大企業に適しています。このエディションは、すべての要件に対応できる柔軟性を持ち、強力な管理機能を提供します。 4. Magento 2 オープンソース vs. magento 2 コマース Magento 2 Open SourceとMagento 2 Commerceの両方には、以下のような機能: カタログ管理 マーケティング、プロモーション、コンバージョンツール お客様のアカウント チェックアウト、支払い、配送 インスタント・パーチェスト・チェックアウト Magento シッピング Magento Business Intelligenceによる高度なレポーティング 分析とレポート インデックス、カート、キャッシュ運用の改善 マーケティングオートメーションソフトウェア「dotdigital」を統合 フルページキャッシュ テクノロジースタックの要件については、両エディションともに最新バージョンをサポートしています: ウェブサーバ – Apache 2.4およびNginx 1.x php 7.1.3, 7.2.0, 7.3.0 Varnish 6.x MySQL 5.6, 5.7 Redis 3.2, 4.0, 5.0