magento vs wordpress
27 May 2021 / Published in Ecommerce
ウェブサイトビルダーやコンテンツマネジメントシステムは、コーディングなしでウェブサイトや完全な機能を備えたeコマースショップを構築することができるため、私たちがコンテンツを作成したり消費したりする方法を変えただけでなく、オンラインで商品を購入したり販売したりする方法も変えました。 さまざまなニーズ、予算、技術的な経験を持つ個人や企業のために、何百ものeコマースツールやプラットフォームが用意されています。eコマースに特化したものもあれば、多目的に使えるものもあります。あまりにも多くの選択肢に直面すると、どこから手をつけていいのかわからなくなることもあります。 選択のプロセスを簡単にするために、市場の2大プレーヤーを比較してみましょう。MagentoとWordPressです。どちらも豊富なデザインオプションとツールを備えていますが、パワフルなオンラインストアを構築するための独自のアプローチを提供しています。 ここで重要なのは、MagentoとWordPressのどちらも、コア製品に異なるバリエーションがあることです。Magentoには、Magento Open SourceとMagento Commerceがあります。Magento Open Sourceはセルフホスティング型のプラットフォームで、Magento Commerceはエンタープライズ向けのプレミアムフルホスティング型ソリューションです。WordPressには、「WordPress.org」と「WordPress.com」があります。WordPress.orgはセルフホスティング型のプラットフォームで、WordPress.comはプレミアムホスティングサービスです。 この記事では、MagentoとWordPressのオープンソース版に焦点を当て、その主な違いを探っていきます。この記事では、MagentoとWordPressのオープンソース版に焦点を当て、それぞれの主な違いをご紹介します。また、MagentoとWordPressの両方の長所を兼ね備えたプラグインについてもご紹介します。 1. MagentoとWordPressのeコマース比較 米国商務省の国勢調査局によると、2020年第3四半期の米国の小売eコマース売上高は2,095億ドルでした。これは前年同期比で36.7%の伸びとなります。eコマースの売上が増加し続ける中、ウェブサイト構築プラットフォームが、ウェブサイトの作成やカスタマイズだけでなく、製品やサービスのオンライン販売にどのように役立つかを評価することがますます重要になっています。 そこで、MagentoとWordPressのeコマース機能と拡張機能を比較してみましょう。 1.1 Magento Eコマース 電子商取引専用のプラットフォームであるMagentoには、オンラインストアの構築・運営に欠かせない機能が組み込まれています。この機能には、商品比較、商品階層、割引、クーポン、複数店舗管理などが含まれます。 また、CRMでの顧客追跡やセグメント化などの追加機能をお求めの場合は、MagentoのExtensionsマーケットプレイスで3,000以上のアドオンやアプリをご利用いただけます。 すぐに使える豊富な機能とマーケットプレイスの拡張機能を備えたMagentoは、急成長中のスモールビジネスに最適です。 1.2 WordPress Eコマース WordPressは専用のeコマースプラットフォームではないため、オンラインストアをセットアップするにはWooCommerceなどのプラグインをダウンロードする必要があります。幸いなことに、このセットアッププロセスは簡単なので、技術的な知識やeコマースの経験がないユーザーでもオンラインストアを立ち上げることができます。 WooCommerceは最も人気がありますが、WordPressで利用可能なeコマース・プラグインは何百種類もあり、その中から選ぶことができます。 また、eコマース専用のプラットフォームではないことも、WordPressにはユニークな利点となっています。Magentoはeコマースのための機能と統合をサポートしているだけですが、WordPressは考えられるほぼすべての機能とプラグインを備えています。主要なソーシャルメディアサイトとの統合、画像の自動最適化と圧縮、イベントカレンダーの表示、メガメニューの追加など、さまざまな機能があります。 2. MagentoとWordPressの価格比較 オープンソースのソフトウェアであるMagentoとWordPressは、どちらも無料でダウンロードできます。しかし、ストアを立ち上げるためには、ホスティング、ドメイン登録、プレミアムテーマやアドオンのインストールなどの費用が必要です。また、サイトのセットアップのために開発者を雇う必要があるかもしれません。 MagentoとWordPressでは、同じホスティングプロバイダーとドメインレジストラを使用できるため、ホスティングとドメイン登録にかかる費用はほぼ同じです。この2つのプラットフォームが異なるのは、プレミアムテーマやエクステンション、開発者のコストです。 以下では、この3つの要素に焦点を当てて、MagentoとWordPressでストアを構築・運営するためにかかる費用を比較してみましょう。 2.1 Magentoの価格 プレミアムテーマやアプリ、フリーランスの開発者のコストは、WordPressよりもMagentoの方が高い傾向にあります。以下、それぞれの要因を詳しく見ていきましょう。 2.2 Magentoのテーマ Magentoは無料のテーマを提供していますが、デザインや機能がシンプルなものが多いです。多くのMagentoユーザーは、MagentoマーケットプレイスやThemeforestのようなサードパーティのマーケットプレイスからプレミアムテーマを購入することを好みます。プレミアムテーマの価格は17ドルから499ドルで、大半は75ドルから99ドルの間です。 2.3 Magento アプリケーション Magento には様々な e コマース機能が備わっており、特に WordPress には備わっていない機能があることと比較すると、その充実度がわかります。しかし、いくつかの重要な機能がないため、Magento マーケットプレイスからエクステンションをインストールする必要があるでしょう。 マーケットプレイスには約4,000のアプリがありますが、そのうち1,000以上は無料です。残りのアプリは、25ドルから15,000ドルの範囲で提供されています。しかし、この幅に怖気づく必要はありません。ほとんどのアプリは、30ドルから300ドルの間に収まっています。 2.3 Magentoの開発者 最後に必要となるコストは、開発者の雇用です。MagentoはWordPressよりも複雑なプラットフォームなので、サイトの設定やカスタマイズには開発者を雇う必要があるでしょう。 開発者の時給は経験値によって異なりますが、質の高いMagentoの開発者は、平均して1時間あたり65ドルから150ドルを請求します。なお、時間給ではなく、一定の成果物に対して固定価格を設定している場合もあります。 これらのコストは価格に大きな差があるため、Magentoストアの構築と管理にかかるトータルコストは劇的に変化します。 2.4 WordPressの価格 プレミアムテーマやプラグイン、フリーランスの開発者にかかるコストは、MagentoよりもWordPressの方が低いと思われます。以下、各要素を詳しく見ていきましょう。 2.5 WordPressテーマ WordPressのリポジトリには約4,000種類の無料テーマが用意されていますが、自分のサイトにぴったりのルック&フィールを手に入れるには、プレミアムテーマを購入する必要があるかもしれません。プレミアムテーマは、Theme Forest、Elegant Themes、その他のサードパーティマーケットプレイスで購入でき、通常60ドルから200ドル程度です。 2.6 WordPressプラグイン WordPressの公式ディレクトリには55,000以上の無料プラグインが登録されているため、無料でさまざまな方法でストアの機能を拡張することができます。例えば、WooCommerce WordPressプラグインは無料でダウンロードできます。 しかし、プレミアムプラグインを購入しなければならない足りない機能があるかもしれません。これらは、29ドルから299ドルまでの300以上のプレミアムエクステンションを揃えたWooCommerceストアや、その他のサードパーティのサイトで見つけることができます。例えば、訪問者のショッピングカートにおすすめの商品を追加したい場合は、WooCommerceのCart Add-onsエクステンションに29ドルの年間サブスクリプションを支払うことができます。また、ストアのブログを最適化するために内部リンクの自動提案などを行いたい場合は、Yoast SEO Premiumプラグインを89ドルの一括払いで購入することができます。 2.7 WordPress 開発者 WordPressは簡単に使えるので、自分でカスタムストアを立ち上げて運営することも可能ですが、サイト用のカスタムプラグインやテーマの構築、複数のブラウザやデバイスでのテストなど、開発者を雇いたい場合もあるでしょう。 WordPress開発者の料金は様々ですが、Magento開発者の料金よりも低い傾向にあります。Upworkでは、1時間あたり5ドルから125ドルの範囲で設定されています。 これらの変数のため、WordPressサイトの構築と管理には、数ドルから数千ドルの費用がかかります。平均的には、年間30ドルから3,000ドル程度を想定しています。 3. MagentoとWordPressのセキュリティ比較 セキュリティは、サイトのコンテンツマネジメントシステム(CMS)を選ぶ際に考慮すべき最も重要な要素の一つです。 MagentoとWordPressはどちらもオープンソースのCMSで、長い時間をかけて安全性を追求してきました。エクステンションは、コアコードを補完してセキュリティ機能を追加することができますが、サイトオーナーはそれらの管理や更新に対応しなければなりません。以下では、MagentoとWordPressのセキュリティについて詳しく見ていきましょう。 3.1 Magentoのセキュリティ Magento Commerce には Web Application Firewall や DDoS サービスなどのセキュリティ機能が内蔵されていますが、Magento Open Source にはありません。つまり、あなたのサイトを保護するために拡張機能をダウンロードする必要があるかもしれません。良いニュースとしては、Magento マーケットプレイスには 750 以上のセキュリティアプリがあります。悪いニュースは?無料のものもありますが、プレミアムアプリは25ドルから8,000ドルの範囲です。 拡張機能のダウンロードや管理をしたくない場合は、Magentoがソースコードに露出した脆弱性に対処するために提供するパッチやセキュリティアップデートのインストールだけを気にすればよいでしょう。ただし、パッチやアップデートは手動でインストールする必要があり、その作業は困難です。 パッチを当てる時間やリソースを持たないサイトオーナーは、ハッカーに狙われやすい店舗を放置することになります。残念ながら、多くのサイトオーナーがそうであることを調査が示しています。Sucuriが2018年に行ったハッキングされたWebサイトの分析によると、MagentoのWebサイトの83%が感染時点で古い状態になっていました。しかし、同じレポートによると、Magentoの全体的な感染率は、2017年の6.5%から2018年には4.6%に低下しています。これは、より多くのMagentoサイトのオーナーが、サイトのセキュリティを真剣に考え、サイトを最新の状態にしていることを示しています。 3.2 WordPress のセキュリティ Magento オープンソースと同様に、WordPress が安全であるかどうかは、サイトオーナーがサイトを安全に保つためにどのような手段を講じているかにかかっています。プラグインやテーマの定期的な更新、安全なログイン方法の使用に加え、サイトを監視するためのセキュリティプラグインをダウンロードまたは購入することができます。最良のWordPressセキュリティプラグインは無料、または無料版のツールを提供していますので、サイトの安全性を保つための余裕がないという心配はありません。 これらのベストプラクティスに従うことは、WordPressを使用する際に特に重要です。WordPressは世界で最も普及しているCMSであるため、WordPressサイトはハッカーの人気の的となっています。実際、2019年にCMSを搭載したWebサイトに対するサイバー攻撃が成功したうちの94%がWordPressサイトを標的にしています。 そのプラットフォームでホストされているサイトを保護するために、WordPressは、25人の専門家からなるセキュリティチームによって常に更新・改善されている安全なコードで構築されています。また、Magentoの場合とは異なり、WordPressのアップデートプロセスは手動ではありません。WordPressには自動更新の仕組みがあり、ユーザーは新しいセキュリティパッチが出たときに自動更新を予約することができます。2018年に感染したWordPressサイトの36.7%が古いバージョンのWordPressを実行していたことを考えると、これは非常に重要な、そして十分に活用されていない機能です。 4. MagentoとWordpressのSEO対策 オンラインストアへのトラフィックは、ソーシャルメディアや有料広告だけに頼る必要はありません。むしろ、検索に最適化することで、より多くのオーガニックトラフィックを得ることができます。
26 May 2021 / Published in TechBlogs
サードパーティの開発者が、Magento Core コードで定義されている API Data インターフェースを変更することは不可能です。とはいえ、これらのエンティティのほとんどには、エクステンションアトリビュートと呼ばれる機能が備わっています。この記事では、Magento 2のエンティティに拡張属性を追加する方法を紹介します。 ステップ 1: Magento APIから商品/商品リストを取得する Magento API から商品や商品リストを呼び出すには、適切なサービス(ここでは商品リポジトリ)に API リクエストを行う必要があります。これらのリクエストに対するレスポンスは、以下のような構造のオブジェクトを返します。 製品レスポンス 製品リストのレスポンス ステップ2:製品リポジトリへのプラグインの追加 Product Reposibilityに拡張機能を追加するには、Afterプラグインを使用する必要があります。プラグインはsave, get, getListなどのメソッドに従う必要があります。単純な属性であるスカラーと、データオブジェクトで表示されるノンスカラーを追加することができます。 AfterGetプラグイン ここでは、コンフリクトを起こさずに拡張機能を追加する最もシンプルな方法をご紹介します。 まず、エンティティの拡張属性がすでに設定されている場合は、その属性を取得します。 次に、私たちの拡張属性を追加します。 最後に、私たちの拡張属性を含めてエンティティの拡張属性を設定します。 Get Listプラグインの後 Get Listの後にも同様のことができます プラグインを保存した後 afterSaveプラグインは、エンティティデータを返す前に操作する必要があります。 しかし、エンティティによっては拡張属性を取得するための実装がない場合、常にnullを取得することになります。拡張属性を取得するたびに、それがnullかどうかを判断する必要があります。もしnullであれば、それを作成する必要があります。このようなコードの重複を防ぐために、拡張属性を持つエンティティに対してafterGetプラグインを作成する必要があります。 ここでは、productエンティティに拡張属性の実装がないと仮定して、以下のようなプラグインを作成してみましょう: 次に、プラグインをProductInterfaceにアタッチする必要があります: ステップ3: 拡張機能の属性設定 スカラー属性の場合 以下のように設定してください: すると、次のような結果が得られます スカラーではない属性の場合 以下のように設定してください: すると、次のような結果が得られます 結論 以上、Magento 2でエンティティに拡張属性を追加するための詳細な手順をご紹介しました。 この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。 ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
Magento Rest API workflow
26 May 2021 / Published in TechBlogs
Magento APIは、Eコマースストアを効果的に管理する能力を提供することができるフレームワークです。今日の記事では、Magento 2 APIとは何かについての基本的な情報を提供したいと思います。 1. Magento 2 APIとは? Magento web API は、Magento システムとの通信にウェブサービスを使用する手段を、ユーザーインテグレーターや開発者に提供するフレームワークです。このフレームワークの主な特徴は以下の通りです。 RESTとSOAPの両方に対応しています。Magento 2では、RESTとSOAPのウェブAPIのカバー率は同じです。 3つの認証タイプ: サードパーティのアプリケーションは、OAuth 1.0aで認証します。 モバイルのアプリケーションでは、トークンを使った認証を行います。 管理者と顧客は、ログイン情報を使って認証します。 すべてのアカウントと統合機能がアクセスできるリソースが割り当てられます。リクエストを実行するために、APIフレームワークは、任意のコールが認証を持っているかどうかをチェックします。 数行のxmlで、MagentoやサードパーティのサービスをWeb APIとして構成することができます。Web APIを構成するためには、XML要素と属性をwebapi.xml構成ファイルで定義する必要があります。なぜなら、設定ファイルでサービスを定義しなかった場合、そのサービスは公開されないからです。 現在、フレームワークはCRUD(create, read, update, deleteの頭文字)と検索モデルに基づいているため、このシステムではWebhookはサポートされていません。 モバイルの帯域幅を節約するために、ウェブAPIレスポンスのフィールドフィルタリングがフレームワークでサポートされています。 統合の効果を高めるために、1つのWeb APIコールで複数のサービスを同時に実行することが可能です。例えば、Web APIコールで商品を作成できるカタログでは、stock_itemオブジェクトとmedia_gallery_entriesオブジェクトがペイロードに含まれている場合、商品のインベントリとメディアもそのAPIコールで作成されます。 2. MagentoのWeb APIは何のために使われるのか? APIを使ってさまざまな作業を行うことができます。ここではその例をご紹介します。 ユーザーがモバイルデバイスにダウンロードできる従来型のショッピングアプリを作成します。また、従業員がショールームでお客様の購入をサポートするために使用するアプリも作成できます。 SalesforceやXeroなどのCRMやERPのバックエンドシステムと統合する。 CMSと統合する。ただし、現時点ではコンテンツのタグ付けには対応していません。 サービスにアクセスするためのAJAXコールを行うJavaScriptウィジェットは、Magentoのストアフロントまたは管理パネルで作成できます。 3. 開始方法 まず最初に、Magento Admin でウェブサービスを登録する必要があります。ここでは、ウェブサービスを有効にするための手順をご紹介します。 ステップ1:Magento AdminでWebサービスユーザーを作成する 使用している認証がトークンベースの場合は、「システム」→「権限」→「すべてのユーザー」→「新しいユーザーの追加」を選択します。残りの2つの認証では、Adminでの新しいユーザーの作成は必要ありません。 ステップ2:Magento Adminで新しいインテグレーションを作成する 統合を作成するには、「システム」→「拡張機能」→「統合」→「新しい統合の追加」を選択します。統合機能がアクセスできるリソースが制限されていることを確認してください。 ステップ3:認証の設定 RESTまたはSOAPクライアントを使用して認証を設定することができます。 4. まとめ 以上、Magento 2 APIとは何か、それを使って何ができるのか、どうやって始めるのか、といった情報を提供してきましたが、いかがでしたでしょうか。 ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
26 May 2021 / Published in TechBlogs
場合によっては、カテゴリページで商品をすぐにプレビューしたいこともあるでしょう。そのような場合には、カテゴリーリストの商品ボックスに「クイックビュー」ボタンを追加することができます。このボタンをクリックすると、製品のすべての機能を表示するモーダルウィンドウが開きます。しかし、デフォルトの設定では、そのようなことはできません。そこで今日は、Magento 2にクイックビュー機能を追加する方法をご紹介します。 ステップ1:Magento 2モジュールの作成と有効化 まず、app/code/Mageplaza/QuickView/registration.phpを作成してください。作成されたら、以下のコードを追加します。 上記のコードは、新しいモジュールを登録するために非常に重要です。 また、app/code/Mageplaza/QuickView/etc/module.xmlを作成する必要があります。 そして、app/code/Mageplaza/QuickView/composer.jsonも。 最後に、以下のコマンドを実行すると、この拡張機能を有効にすることができます。 ステップ2: ファンクショナリーの追加 カテゴリページのすべての商品ボックスにクイックビューボタンを追加するには、app/code/Mageplaza/QuickView/view/frontend/layout/catalog_category_view.xmlをプロジェクト内で作成する必要があります。そして、それが作成されたら、これを追加してください。 上記のコードは、カートに入れるボタンの近くにあるボタンを追加することができます。このボタンはお好みのスタイルにすることができます。 モーダルウィンドウの商品ページが商品ビューページのページと同じように見えるように、XMLでいくつかの要素を削除する必要があるかもしれないことに気づくはずです。 そのためには、Magento\Catalog\Controller\Product\Viewをオーバーライドして、iframe経由で商品が呼び出される場合の新しいハンドルを追加します。 しかし、その前に、app/code/Mageplaza/QuickView/etc/frontend/di.xmlを作成する必要があります。 そして、app/code/Mageplaza/QuickView/Controller/Product/View.phpが必要になります。 つまり、iframeを含む製品のURLをGETパラメータとして呼び出したときに、そのレイアウトを変更することができます。以下は、その方法です: app/code/Mageplaza/QuickView/view/frontend/layout/quickview_product_view.xml ページのレイアウトは自由に編集することができます。例えば、いくつかの要素を削除することができます。 ステップ3: JavaScriptの編集 ここで魔法がかかります: app/code/Mageplaza/QuickView/view/frontend/web/js/product/productlist/item/quickview.js ここでは、ほとんどのバグを見つけて修正することができます。Magentoのデフォルトのモーダルウィンドウを使い、先ほど数ステップで追加したボタンを使ってモーダルウィンドウを開き、iframeを作成して、iframe内に商品ページを読み込み、カートに入れるフォームのsubmitイベントを監視すると理想的です。こうすることで、商品が追加されたときにウィンドウを閉じることができます。 結論 結論として、クイックビューは非常に便利なツールで、特にカテゴリーページで商品をプレビューしたい場合に有効です。このガイドを読めば、Magento 2 にクイックビュー機能を追加する方法について、理想的な理解が得られるでしょう。 ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
25 May 2021 / Published in TechBlogs
この記事では、Magento 2 のバックエンドにアドミングリッドを作成する方法を紹介します。ご存知のように、Magento 2 のグリッドは、データベーステーブルのアイテムを一覧表示するテーブルの一種であり、ソート、フィルタ、削除、アイテムの更新などの機能を提供します。このためのHelloWorldは、製品のグリッド、顧客のグリッドです。 Magento 2 では、アドミングリッドを作るのに、レイアウトを使う方法と、コンポーネントを使う方法があります。ここではその詳細を説明します。続ける前に、グリッドについて学ぶために使用する管理メニュー、ルータを備えたシンプルなモジュールを作成するために、この記事に従ってください。この記事では、SmartOSC_HelloWorldというサンプルモジュールといくつかのデモデータを使用します。 1:データベーススキーマの作成 このファイルは、モジュールのインストール時に一度だけ実行されます。このファイルに内容を記述して、以下の表を作成します 2:ルートの作成 管理者 ファイル:app/code/SmartOSC/HelloWorld/etc/adminhtml/routes.xml 3:管理メニューの作成 管理メニュー/ルート:管理ページとメニューのリンク先には、SmartOSC_helloworldというルートを使用します。 4:コントローラーの作成 index.phpというコントローラファイルの作成 以下の内容: 5: 方法1 – コンポーネントを使ってAdmin Gridを作成する 5.1: リソースを宣言する 依存性注入ファイルでリソースを宣言する さて、グリッドのデータを取得するためにModelに接続するdi.xmlファイルを作成します。 ファイル:app/code/SmartOSC/HelloWorld/etc/di.xml 以下の内容で このコードでは、グリッドのレイアウト(ボタン、列)を宣言し、データソースを呼び出す方法を知ることができます。キャッシュを更新して、このグリッドページにアクセスすると、管理画面のグリッドが以下のように表示されます。 5.4: リストツールバーの作成 このページのトップで述べたように、Magento 2 のグリッドは、ソート、フィルタ、アクションの削除/更新など、グリッドを操作するためのアクションをサポートしています。ソート機能はグリッドのデフォルトアクションです。カラムのヘッダをクリックすると、アイテムがソートされます。ここでは、グリッドの他の機能を構築する方法について説明します。 そのためには、コンポーネント・レイアウト・ファイルで、親リストの下にリスト・ツールバー要素を作成します。 ファイル:app/code/SmartOSC/HelloWorld/view/adminhtml/ui_component/SmartOSC_helloworld_post_listing.xml 5.5: ブックマークの作成 この引数は、Magento/Ui/view/base/web/templates/grid/toolbar.htmlというテンプレートを定義するために使用されます。このテンプレートは、グリッド内のすべてのajax更新アクションを処理するためのknockout jsを定義するために読み込まれます。上記の機能は、このコンテナの中で定義します。このコンテナ要素をcolumns要素の前後に配置することで、ツールバーの位置を定義することができます(columnsの上または下)。各アクションの詳細を見てみましょう。ブックマーク ファイル:app/code/SmartOSC/HelloWorld/view/adminhtml/ui_component/SmartOSC_helloworld_post_listing.xml これにより、ブックマーク機能が追加され、管理者がグリッドの異なる状態を設定できるようになります。それぞれの状態には、異なるカラムリストがあります。これにより、各管理者は、自分に関連する情報を選択して表示することができます。 5.6: コラムの制御 このノードはカラムリストボックスを追加し、グリッドに表示するカラムを管理者が選択できるようにします。このリストを変更した後、管理者はその状態をブックマークとして保存し、その状態に素早くアクセスできるようにします。 ファイル: app/code/SmartOSC/HelloWorld/view/adminhtml/ui_component/SmartOSC_helloworld_post_listing.xml 5.7: 全文検索 このノードは、グリッドの上部に検索ボックスを追加します。これを使って、テーブル内のすべてのデータを検索することができます。 ファイル:app/code/SmartOSC/HelloWorld/view/adminhtml/ui_component/SmartOSC_helloworld_post_listing.xml 5.8: フィルター このノードでは、各カラムのフィルタボックスを定義します。これは、グリッドの上部にあるFilterボタンをクリックすると見ることができます。 ファイル:app/code/SmartOSC/HelloWorld/view/adminhtml/ui_component/SmartOSC_helloworld_post_listing.xml 5.9:マス・アクション このノードは、マスアクションセレクトをグリッドに追加します。管理者はこのアクションを使って、複数のアイテムに対して素早く何らかのアクションを起こすことができます。 ファイル:app/code/SmartOSC/HelloWorld/view/adminhtml/ui_component/SmartOSC_helloworld_post_listing.xml 5.10: ページング このノードは、グリッドにページネーションを追加します。これは、テーブルに大量のデータがある場合に便利です。 ファイル:app/code/SmartOSC/HelloWorld/view/adminhtml/ui_component/SmartOSC_helloworld_post_listing.xml 5.11:エクスポートボタン このノードは、グリッドのデータをエクスポートするためのエクスポートボタンを追加します。 5.12: エクスポートボタン このノードは、グリッドのデータをエクスポートするためのエクスポートボタンを追加します。 キャッシュをクリアして、グリッドページに行ってみると、このようなグリッドが表示されます。 6: 方法2 – レイアウトを使ってAdmin Gridを作成する 重要 ステップ5の準備ができている場合は、このステップをスキップしてください。 コンポーネントを使ってMagento 2のグリッドを追加する方法を紹介しました。今度は、通常のレイアウト/ブロックファイルを使って行う方法を見てみましょう。 6.1: グリッド用ブロックの作成 ファイル:app/code/SmartOSC/Block/Adminhtml/Post.php Gridブロックは、MagentoBackend\BlockWidget\GridContainerを継承し、_construct()メソッドで変数を定義します。 _blockGroupはVendorName_ModuleNameのフォーマットで、モジュールの名前です。 controllerはBlockフォルダ内のGridブロックへのパスです。このhelloWorldでは、Adminhtml/Postフォルダ内にGrid.phpファイルを置いています。 _headerTextは、グリッドのページタイトルです。 _addButtonLabelは、新規追加ボタンのラベルです。 6.2: レイアウトファイルの作成 次に、Grid Blockに接続してグリッドをレンダリングするためのレイアウトファイルが必要です。このファイルを作ってみましょう。 ファイル:app/code/SmartOSC/HelloWorld/view/adminhtml/layout/SmartOSC_helloworld_post_index.xml このレイアウトファイルでは、グリッドのためのいくつかの引数を定義します。主な引数はdataSourceです。この引数は、上記のdi.xmlファイルで宣言したdataSourceとリンクして、データベースに接続し、このグリッドのデータを取得します。 6.3: カラムの追加 Columnセットは、グリッドに表示されるカラムを定義します。massActionを使いたい場合は、このブロックをgrid要素に追加します。 この後、キャッシュを更新し、グリッドページにアクセスして結果を確認してください。このように表示されることがあります。   ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
How-to-Disable-Payment-Method-Programmatically-in-Magento-2-1024x512
25 May 2021 / Published in TechBlogs
決済システムの管理は、Magento 2 ストアシステムの核心のひとつと考えることができ、優れた処理システムは、売上、利益、および努力を最適化するのに役立ちます。 支払い方法の無効化は、顧客グループ、商品/注文属性、配送パラメータなどに基づいて特定の支払い方法を制限したい場合に有効な手段です。例えば、インドからのお客様の場合、他のお支払い方法を無効にして、CCAvenueのお支払い方法のみを表示することができます。 今日の記事では、Magento 2でプログラム的に支払い方法を無効にする2つの簡単なステージを紹介します。 ステップ1: config.xmlファイルの編集 プログラムでPayment Methodを無効にするには、まず、config.xmlファイルを開き、そのファイルに以下のコードを追加します: ステップ2:Observer.phpファイルの編集 Observer.phpファイルに以下のコードを追加します: まとめ 結論として、以上がプログラムで支払方法を無効にするための手順です。これらの手順を正しく実行すれば、さまざまな条件に応じて、チェックアウトページでの支払い方法の選択肢を制御することができます。 ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
25 May 2021 / Published in TechBlogs
この記事では、Magento 2でダウンロードを可能にするために注文アイテムのステータスを設定する方法についてご紹介します。 顧客によるダウンロードを可能にするために注文ステータスを定義します。 ご存知の通り、Magento 2には6つの商品タイプがあります。この機能は、ダウンロード可能な商品タイプのためのものです。ビジネス要件に応じて、販売者は顧客が製品をダウンロードできるように注文項目のステータスを設定することができます。販売者は、請求書を作成した後や、支払いが処理されていて注文ステータスがまだ保留になっているときに、顧客が製品をダウンロードできるようにすることができます。 この機能を設定するには、以下のステップに従ってください。 ダウンロードを有効にするために注文アイテムのステータスを設定するステップ ステップ1: 管理者パネルにログインします。 ステップ2: 管理パネルのサイドバーで、「ストア(Stores)」→「設定(Settings)」→「構成(Configuration)」と進みます。 ステップ3: 左側のパネルで、「CATALOG」→「カタログ(Catalog)」を選択します。 ステップ4:「ダウンロード可能な製品オプション(Downloadable Product Options)」セクションを展開します。 ステップ5: 「Use system value」のチェックを外し、「Order Item Status」の「Enable Downloads」を以下のいずれかに設定します。 保留 請求書発行 ステップ6: 完了したら、「Save Config」ボタンをクリックします。   ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
25 May 2021 / Published in TechBlogs
この記事では、「Magento 2 Newsletter」を設定する方法についてご案内します。お客様に最新のストア活動を紹介するニュースレターを送ることができます。 近年、世界中でメールユーザーが増加しています。これを受けて、Eコマースストアでは、ニュースレターを通じて顧客との交流を促進し、連絡を取り合っています。Magentoのニュースレターを導入するためには、まずストアにニュースレターを設定する必要があります。 Magento 2のニュースレターを設定するステップ 1. 管理画面にログインします。 2. 管理パネルのサイドバーにある「Stores」→「Settings」→「Configuration」を選択します。 3. 左のパネルで、「お客様(CUSTOMERS)」>「ニュースレター(Newsletter)」を選択します。 4. 「サブスクリプション・オプション(Subscription Options)」セクションを展開します。 5. 「サブスクリプション・オプション(Subscription Options)」を設定します。 ゲストの購読を許可すること(Allow Guest Subscription):ストアにアカウントを持っていない人がニュースレターを購読できるようにするには、Yesに設定します。 ダブルオプトインプロセスを使用して購読を確認するには、「Need to Confirm(確認必要)」を「Yes(はい)」に設定します。 確認用メールの送信者(Confirmation Email Sender): メールの送信者を選択します。 確認メールのテンプレート(Confirmation Email Template):メールテンプレートを選択します。 成功メールの送信者(Success Email Sender):メールの送信者を選択します。 成功メールのテンプレート(Success Email Template):メールのテンプレートを選択します。 登録解除メールの送信者(Unsubscription Email Sender):メールの送信者を選択します。 登録解除メールテンプレート(Unsubscription Email Template):メールのテンプレートを選択します。 6. 完了したら、「Save Config」ボタンをクリックします。   ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
24 May 2021 / Published in TechBlogs
このチュートリアルでは、「コマンドラインシリーズ」として、「コマンドラインでユニットテストを実行する方法」について説明します。ご存知のように、Magento 2 では bin/magento に多くのコマンドが追加されました。これを理解するのは難しいかもしれませんが、「コマンドラインでユニットテストを実行する方法」について詳しく説明します。 コマンドラインでユニットテストを実行する方法 Magento管理画面のルートフォルダに移動し、使用状況を表示します。 ユニットテストを実行するための構文 簡単な実行テスト アウトプット ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
24 May 2021 / Published in TechBlogs
Magento 2でCron Timeを設定するためのステップ ステップ1:まず、次のパスに「crontab.xml」を追加する必要があります app \ code \ Vendor \ Extension \ etc \ crontab.xml Magento 2でCron Timeを設定するためのステップ ステップ1: まず、「crontab.xml」を以下のパスに追加します。 app\code\Vendor\Extension\etc\crontab.xml ステップ2:次のパスでsystem.xmlに新しいグループを追加する必要があります。 app\code\Vendor\Extension\etc\adminhtml\system.xml ステップ3:次のパスにCronconfig.phpを追加します。 app\code\Vendor\Extension\Model\Config\Cronconfig.php ステップ4:次のパスに「Cronfile.php」を追加します。 app\code\Vendor\Extension\Cron\Cronfile.php 結論 これでMagento 2の設定でCron Timeを設定できるようになりました。 何か問題があれば、ご連絡ください。 ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace