30 June 2021 / Published in Shopify
Shopify App Storeは、2009年のサービス開始以来、長い道のりを歩んできました。プラットフォームに組み込まれたPOSに加えて、POSアプリの数は数百から3,000をはるかに超えるまでになっています。多くの小売業者にとって、これらのシステムは現金の監視を大きくサポートしてくれます。この記事では、ショップオーナーがShopify POSの現金管理をどのように活用できるかについて、4つの方法をご紹介します。   1.予算を把握する POSシステムが開発される前は、商人は現金を手動で(おそらく電卓を使って)管理していました。この作業にはかなりの時間がかかり、その正確さは完全には保証されませんでした。しかし、ShopifyのPOSは、この反復的な作業を、多くの高度な機能と、より高い精度で行うことができます。 一定期間の予算に目を配り、経費を計算することができます。また、一部のPOSでは自動生成されるレポートがあり、店主はそれを見て傾向やパターンを確認することができます。ConnectPOSを例にとると、このシステムにはレジスター、スタッフ、支払い方法などに基づいて20以上の自動生成レポートがあります。このように、ShopifyのPOSソリューションは、小売店の現金管理に最も適しています。 2. マーケティング費用の過剰支出を防ぐ 会社の予算を作成する際に、プロモーションにどれだけの予算を割くべきかを知ることは難しいものです。そのため、広告やその他のプロモーション活動に費やす金額を決定することは、より困難になります。 大企業であれば、マーケティングキャンペーンでチャンスを掴むための資金がありますが、中小企業にはそのような余裕はありません。そのため、マーケティング費用の使いすぎを防ぎ、小売店の資金管理をコントロールするために、Shopify POSアプリが必要なのです。十分なPOSは、そのPOSシステムに付属するレポートやその他の測定値に基づいて、マーチャントがマーケティングに費やす適切な金額を見積もるのに役立ちます。 3. スマートな在庫管理 Shopifyの小売店の現金管理を行うには、商品の出入りを追跡するためのより強力な在庫管理ツールが必要になるかもしれません。データを活用することで、需要を予測し、効率を高めることができます。また、自動化された技術により、様々な流通プラットフォームを通じてリストを同期させることができます。 在庫管理は、私たちが常に急速な変化の中にいることを前提にしています。そのため、キャッシュをコントロールするためには、常に最新の情報を得ることが不可欠です。これは、オンラインストアとPOSシステムの間の不一致を回避するための強力なツールです。これらの不一致は、最近の取引や注文が原因である可能性があります。 4.不正行為を最小限に抑える 小売業界に関しては、不正行為はもはや珍しい問題ではありません。このようなケースの多くは内部の窃盗によるもので、POSで起こることが多いのです。幸いなことに、POSソフトウェアはこれらの不正を発見するための「探知機」の役割を果たすことができます。 まず、POSソフトウェアは、顧客が代金を支払った後に従業員が販売品をサーバーから削除するという、直前の商品削除を阻止することができます。これは、POSシステムで管理者の承認が必要なアクションを指定することで実現できます。 また、小売店の現金管理機能を備えたShopify POSシステムを使用することで、店舗オーナーは不一致をより早く発見することができます。これにより、小売店はPOSを使って頻繁に現金の改訂を行うことができます。また、不一致を検出したときに管理者に自動通知を送るという方法もあります。 5. 結論 Shopify POSシステムで小売店の現金管理を効果的に管理することは、企業が店舗をよりよく管理するのに役立ちます。現金管理、在庫管理、スタッフ管理に優れた機能を持つConnectPOSをぜひご利用ください。   ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
27 June 2021 / Published in Shopify
請求書の発行は、どんなビジネスにおいても支払いを受ける前の重要なステップです。Shopifyのストアオーナーにとって、これらの反復的なタスクを処理するための強力なPOSシステムを持つことがますます重要になっています。しかし、Shopify POSは実店舗での請求書管理をどのようにサポートするのでしょうか? 1. 請求書とは何ですか? 請求書とは、簡単に言えば、商人がサービスや物を売った対価として支払うべきお金を受け取るために渡す紙のことです。要するに、インボイスとは、稼働日、支払期限、特定の注文に対してどのようなサービスが提供されたかを示す請求書のことである。 また、請求書は、供給者と顧客の間の契約の成立を助け、顧客が(合意文書に記載された条件に従って)サービスや製品の対価を供給者に支払うことを要求する。 2. Shopify POSはどのように請求書管理をサポートしていますか? 正しい請求書の種類を選ぶ 請求書、インボイス、領収書、発注書など、様々な種類の請求書が存在する中で、お客様のケースに適した請求書の種類を自動で選択してくれるシステムがあると便利です。 請求書は、小売業者がさまざまな目的で使用することがあるからです。このような目的には、次のようなものがあります。 お客様は、選択した商品の見積合計金額を知りたいと思うかもしれません。 大規模で時間のかかるプロジェクトを行っていて、価格の決定を最後まで待ちたくない。 プロジェクト全体の各部分についてのみ請求書を作成したい。 請求書のオンライン管理 クラウド型のShopify POSでは、請求書をオンラインで管理し、インターネット環境があればいつでもアクセスすることができます。請求書を印刷して手作業で処理していた時代は終わりました。このメリットは、大量の請求書を発行する企業に非常に適しています。クラウドベースのPOSですべての請求書を管理すれば、より整理された効率的な方法となります。 オンライン請求書のもう一つの利点は、詳細を調整できることです。多くの場合、お客様が気を変えて新しい請求書が必要になります。POSを使えば、履歴の変更を保存し、より正確でタイムリーな調整を行うことができます。 遅延の回避 請求書の発行が遅れることはよくあります。特に大企業では、請求書の発行数が多いことが多いです。請求書の発行が遅れる原因は、コミュニケーションミス、請求書発行部門のミス、大量の仕事を処理するスタッフの不足など、さまざまな要因が考えられます。 しかし、POSは電子請求書と支払いツールに対応しているため、このプロセスをスピードアップすることができます。請求書の作成と顧客への送付が早ければ早いほど、リクエストの支払いも早くなります。 セキュリティを高める 調査によると、2019年にデータ漏洩が発生するサイバー犯罪のうち、最も多いのはハッキングだそうです。ハッカーがお客様の購買意図を知り、メールアドレスを持っていることを想像してみてください。お客様は、あなたのお店からそっくりの請求書を受け取り、ハッカーの銀行口座に支払うことができます。このようなサイバー攻撃の事例は、Eコマースの世界ではもはや珍しい状況ではありません。 しかし、セキュリティとEコマースに関して言えば、Shopifyはカスタマイズの必要なく、ほぼすべての「ベストプラクティス」に対応しています。6つのPCI基準カテゴリすべてに準拠し、GDPRに準拠した機能がプラットフォームに組み込まれており、二要素認証をサポートしているなど、様々な工夫がなされています。さらに、Shopifyは、プラットフォームの一部としてSSL証明書をサポートしています。 そのため、Shopifyに安全なPOSシステムを導入することで、請求書発行や支払いのプロセスを安全に行うことができます。これらのプロセスには多くの機密情報が含まれており、強力に保護されていなければ簡単にサイバー攻撃を受ける可能性があります。 ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace
Shopify POSのセキュリティを向上させるには?
16 June 2021 / Published in Shopify
デジタルの世界では、セキュリティはEコマースにおける最も重要な要素のひとつです。サイバー犯罪に関する調査によると、クレジットカードやデビットカードなどの機密情報が原因で、Eコマースは2番目に攻撃されやすい業界であることがわかっています。eコマースの大手企業であるShopifyは、この問題に多大な注意を払わなければなりません。あなたはShopifyのマーチャントで、自分のストアをサイバー攻撃から防ぐ方法を探していますか?この記事では、Shopify POSのセキュリティを高めるためのヒントをご紹介します。 1. 透明性の高いセキュリティポリシーの作成 Shopifyのプラットフォームは「信頼」に基づいて構築されています。つまり、ユーザーのデータを責任を持って取り扱ってくれるマーチャントを信頼しているのです。そのため、事業者はユーザーのデータやプライバシーに対してどのようにアプローチしているか、お客様に明確なアイデアを提供する必要があります。例えば、機密性を維持することや、顧客情報を第三者と共有しないことなどです。こうしたセキュリティポリシーとともに、チームは実際に24時間体制でデータを保護し、自社のプラットフォームの信頼性と完全性を維持する必要があります。 ただし、インターネットでの通信や電子的な保存は、100%の安全を保証するものではないことに留意する必要があります。マーチャントは、自分たちの店舗をよりよく守るために、他のセキュリティ対策も統合する必要があります。 2. クラウドベースの動画を使う Shopifyのマーチャントは、クラウドベースのビデオを使用することで、Shopify POSのセキュリティを向上させることができます。多くの場合、マーチャントは説明用ビデオを作成して、顧客に競合他社との違いを示したり、季節のお買い得情報を強調したりしたいと考えます。クラウドベースのビデオソリューションを使用することで、他のビデオシステムからのビデオデータの盗難を防ぐことができます。 さらに、クラウドベースの映像は、権限レベルに応じて固有のユーザー名とパスワードでユーザーがアクセスできます。これにより、データの安全性を高めつつ、お客様が簡単にアクセスできるようになります。 関連投稿:Salesforce B2C Commerce Cloudの更新&徹底レビュー 3. アラームシステムの構築 小売店での盗難は、会社にとって非常に大きな損失となります。考えてみてください。1回の販売で10%の利益率を確保している場合、100ドルの不正行為による損失を補うためには、1000ドル分の商品を余分に販売しなければなりません。 2009年に米国で実施された全国的な小売業の調査によると、平均的な万引き犯は1回の強盗で438ドルを稼ぎ、48分の1の確率で逮捕されています。米国内の小売店で盗まれた商品のコストだけでも、年間数十億ドルに上ると言われています。 しかし、この問題を解決するには、さまざまなテクニックやガジェット、戦略を駆使する必要があります。テクノロジーとインテリジェントな盗難防止システムを組み合わせることで、窃盗犯の不意をつき、お店を盗難に強くし、損失を減らすことができます。これは、オフラインとオンラインのプラットフォームに適用できます。POSシステムを使用している場合は、アラームシステムの作成方法についてPOSプロバイダーに問い合わせることができます。 4. 不審なお客様に対応するための従業員教育 何者かが悪意を持ってあなたの施設に侵入する可能性があります。このような行為は、小売業界では「外部の脅威」または「外部のリスク」と呼ばれています。万引き犯、組織的小売犯罪(ORC)シンジケート、クレジットカード詐欺師、あるいはさらに悪いことに、窃盗や強盗の可能性を狙ってお客様のビジネスを偵察する人など、すべてが潜在的な脅威です。 しかし、これらの行動は、不審な合図に基づいて見抜くことができれば、防ぐことができます。Shopify POSのセキュリティを向上させるために最初にすべきことは、それらの疑わしい行動を検知し、必要に応じて適切なセキュリティ対策を実行できるように従業員をトレーニングすることです。ビジネスオーナーとしての最大の関心事は、犯罪者の手に武器が渡らないようにすることと、あなたの財産(在庫やスタッフ)を守ることです。 5. 安全なPOSを導入する 昨年、多くのハッカーがアパレル小売店のPOSシステムに侵入し、顧客の決済情報を盗み出しました。これは、消費者に影響を与えるだけでなく、小売業者が高額な訴訟や和解に巻き込まれる可能性もあります。 POSシステムへの脅威やマルウェアの開発が盛んに行われているため、完全な保護を実現するのは困難です。そのため、小売業者やビジネスオーナーは、暗号化、アンチウイルスソフトウェアのインストール、システムの頻繁なチェックなど、POSシステムに関しては細心の注意を払う必要があります。   ►►►サービスについてMagento, Sitecore, Shopify Plus, BigCommerce, Amazon Marketplace