トップ9 一般的なeコマース小売モデル

トップ9 一般的なeコマース小売モデル

トップ9 一般的なeコマース小売モデル

電子商取引の世界に足を踏み入れたばかりで、どのような小売モデルを検討すべきか分からないという方もいらっしゃるでしょう。それとも、すでに小売業を営んでいて、ビジネスを成長させるための別の方法を模索しているのでしょうか?いずれにしても、この記事では、知っておくべきトップのeコマース小売モデルと、その特徴をご紹介します。

1. B2B

B2B(business-to-businessの略)とは、卸売業者や小売業者、あるいはメーカーと卸売業者など、企業間のオンライン注文取引を指す。一般的には、企業が他の企業に材料を提供する場合に起こります。

B2Bのビジネスモジュールの例としては、企業に原材料を販売するサプライヤー、他の企業にサービスを提供する企業(クリーニングからコンサルティングサービスまで)、小売店に大量の商品を販売する卸売業などが挙げられます。

2. B2C

B2C(Business-to-Consumerの略)とは、商品やサービスを販売する企業と、その商品を利用する個人消費者との間の取引に焦点を当てた次の小売モデルである。B2C eコマースのコンセプトは、企業のウェブサイトや、ソーシャルメディア、マーケットプレイスなどのオンラインプラットフォームを介して行われる取引を指します。

B2C eコマースは、最も一般的な小売モデルの1つとなっており、2020年には20億人以上がオンラインで商品やサービスを購入していると言われています。

B2C eコマースモデルはインターネットユーザーの間でよく知られており、消費者はどこでも買い物ができるオンラインショッピングの利便性を好んでいます。間違いなく、この業界は今後も成長を続け、この市場の完全な可能性はまだ実現されていません。

retail models - b2c

3. C2C

C2C(Customer to Customer)とは、消費者同士が通常インターネットを介して取引を行う小売モデルのことです。言い換えれば、C2Cとは、ある顧客が第三者の企業やウェブサイトを通じて別の顧客から商品を購入することである。C2Cビジネスは、電子商取引やシェアリングエコノミーによって生まれたビジネスモデルの一形態です。

オークションやクラシファイド広告は、C2C市場の2つの例です。インターネットの出現により、eBay、Etsy、Craigslistなどの企業が登場し、C2Cは爆発的な人気を得ました。

C2Cでは、お客様は他の場所では手に入りにくいものを見つけることができます。また、販売店や卸売業者が存在しないため、従来の価格設定に比べて販売者の利益率が高くなります。

さらに、C2Cサイトは、実店舗に行く必要がないため、アクセスが容易です。ネット上で商品を公開すれば、買い手は簡単に売り手のところにやってくる。

4. C2B

消費者から企業へ(C2B)は、個人(消費者)が価値を生み出し、企業がそれによって利益を得る小売モデルの次のモデルです。

これは、消費者が企業の商品やサービスについてレビューやフィードバックを書き込んだり、商品開発の過程で優れたアイデアを推薦したりすることで起こる。これは、お客さまが購入した商品について自由にコメントを残したり、評価したりできるオンラインの場でよく見られます。また、C2Bでは、消費者が企業と一緒に生産手順に関わることで、アイデアを共同創造することもできます。

product review

5. O2O

O2O(Online-to-Offline)とは、デジタルマーケティングでよく使われる言葉です。その名の通り、オンラインのマーケティング手法とオフラインのマーケティング手法を組み合わせたアプローチです。

潜在的な顧客をオンラインチャネルを通じて実店舗での購入に引き付ける小売モデルの一つである。電子メールやインターネット広告などのオンライン空間で顧客を特定し、企業はさまざまな方法やテクニックを駆使して、オフライン店舗での購入を誘う。

6. ドロップシッピング

ドロップシッピングは、Eコマースサイトで行われる最も有名な小売モデルの一つです。企業は、手元に在庫がなくても商品を販売することができます。このモデルでは、店舗が商品を販売した後、サードパーティベンダーに発注書を送り、サードパーティベンダーが注文品を準備して顧客に配送します。

しかし、ドロップシッピングは、一般的な意見に反して、一攫千金を狙うようなものではありません。他人の商品を売って、その分を自分のものにするという、一見簡単そうな商売です。しかし、デメリットや課題、日々の管理などを考えると、決して単純ではありません。

7. プリント・オン・デマンド

プリント・オン・デマンドとは、ホワイトレーベルの商品を自分のデザインでカスタマイズし、注文に応じて自分の名前で販売する方法である。つまり、企業はホワイトレーベルの商品を倉庫に保管し、注文があればデザインをプリントする。そして、最終的な製品は顧客に出荷される。

代表的な商品としては、トートバッグ、コーヒーマグ、ポスター、Tシャツ、帽子などがあります。

8. サブスクリプションサービス

サブスクリプション・ビジネス・モデルとは、お客様が月々の料金を支払うことで、一定期間ごとに製品を利用できるようにするものである。簡単に言えば、お客様は一定の金額を支払うことで、プレミアムバージョンの製品やサービスを利用できるようになります。

17世紀に書籍や定期刊行物の出版社がこのコンセプトを導入し、現在でも多くの企業やウェブサイトで利用されている。現在では、サブスクリプションサービスは書籍の出版社だけでなく、小売店向けにPOSシステムを販売する技術会社や、ビジネスや学生向けにツールを提供するデザインサイトなども含まれます。

9. ホワイトレーベル

ホワイトレーベルショップとは、他の企業がリブランディングを行うための製品を製造する企業のことである。別の言い方をすれば、ホワイトラベルとは、提供者が自社のブランド/ロゴを商品に入れず、買い手企業から依頼されたブランドを使用することで起こる。

ホワイトレーベル企業は、生産管理や品質管理から解放されているものの、激しい競争にさらされている。誰もが販売できる商品であるため、独自のセールスポイントを持たず、マーケティングキャンペーンや流通ネットワークに頼らざるを得ないのが現状だ。

retail models - white label

これらは、ビジネスマン/ウーマンとして知っておくべきトップリテールモデルです。私たちが最後に考えたのは、これらのモデルのいずれも、販売活動を管理するために十分なPOSシステムが必要だということです。

デモを申し込む

弊社の専門家は最適なソリューションをサポートさせて頂きます。

 

 

►►►サービスについて