中小企業向けEコマースプラットフォーム トップ5

Top-5-Ecommerce-Platforms-For-Small-Business

中小企業向けEコマースプラットフォーム トップ5

テクノロジーの発展の過程で、ますます多くのEコマース・ストアが誕生し、伝統的なビジネスも徐々にEコマースの世界に参入してきました。中小企業にとっての波及問題は、市場に出回っている数多くの電子商取引プラットフォームの中から、自社のビジネスを成長させるのに適した電子商取引プラットフォームを選ぶことです。このようなビジネスの参考になるだけでなく、読者の皆様に有益な情報をお届けするために、この記事をお読みください。スモールビジネスのためのEコマースプラットフォームのトップ5。

ビジネスに最適なEコマースプラットフォームの選択

適切なEコマースプラットフォームを選択することは、企業の成長を方向付けるようなものです。各電子商取引プラットフォームには、ビジネスの厳しい要件に適した独自の利点があります。私たちの専門家は、基準に基づいてプラットフォームを評価します。価格、機能、パフォーマンスデザインとテーマ、使いやすさ。スコアはスモールビジネスの要件に基づいた概算値です。

スモールビジネスに最適な 5 つの E コマースプラットフォーム

1. Shopify

Shopify

EコマースプラットフォームをリードするとなるとShopifyには欠かせません。小規模から中規模の店舗ビジネスを始めたい方には、現在入手可能な最良の選択肢です。Shopifyは充実した販売機能に加えて、多様なアプリストア機能や24時間365日のカスタマーサポートを提供しており、お客様を満足させることができます。

長所

  • 豊富なテーマが用意されている。
  • たくさんのプラグインが選択可能。
  • すべてのプランで商品数が無制限。
  • 統合された支払いオプション。
  • 24/7サポート。
  • 完全にホストされたプラットフォーム

短所

  • ブログ機能が限られています。
  • SEOに不利なURL構造。
  • 料金がすぐに高くなります。

2. Wix

Wix

価格と創造性という点では、Wixが常にトップの選択肢です。Wixは、ドラッグ&ドロップ式のストアビルダーにより、ストアに絶対的な創造性を与えてくれます。パフォーマンスもデバイス用に最適化されています。

長所

  • 無料で始めることができる。
  • あなたのウェブサイトのための多くの質の高いテーマ。
  • アプリケーションとプラグインの幅広い選択肢。
  • 豊富なクーポンオプションと割引。

短所

  • Eコマースの機能が限られています。
  • オープンソースではないため、機能追加が難しい。

3. BigCommerce

BigCommerce

BigCommerceは、複数のプラットフォームやチャネルで販売するための理想的なプラットフォームです。事業拡大を計画している中小企業に選ばれています。比較的低コストでビジネスを成長させることができます。ただし、高度な機能は習得して使いこなすのに時間がかかります。

長所

  • 取引手数料なし。
  • 製品数は無制限。
  • 商品のバリエーションやオプションを簡単に追加できる。
  • SEO対策がしっかりしている。
  • 複数のチャネルでの販売に適している。

短所

  • 多言語対応していない。
  • 無料テーマが少ない。
  • 高度な機能は使いやすさを損なう可能性がある。

4. Magento 2

Magento 2

Magentoは、最も歴史があり、成功しているeコマースプラットフォームの1つとして浮上しています。世界中のいくつかの大企業は、多数の製品、注文、…を管理するためにそれを使用して、さらに、Magentoのは、外部の販売チャネルをサポートしています。顧客はまた、豊富なプラグインの在庫を持つストアに機能を追加することができます。Magentoのは、プレミアム販売体験を提供するために最適です。

長所

  • オープンソース
  • 大規模なサポートコミュニティ
  • から選択する拡張子の巨大な。
  • グローバルストアに最適です。
  • Magentoのオープンソースは無料です。

欠点

  • Magento Commerceは非常に高価です。
  • 使用するのが非常に難しい。
  • 設定には技術的な知識が必要。

5. Squarespace

Squarespace

Squarespaceは、自分たちでクリエイティブな活動をしたいと考えている企業に最適なEコマースプラットフォームです。ソーシャルメディアチャンネルとの統合。人目を引くウェブサイトに投資したい企業には適しています。ただし、Eコマース機能は限られています。

長所

  • 優れたソーシャルネットワークの統合。
  • たくさんの素晴らしいテンプレートの中から選べる。
  • 24時間365日のカスタマーサポート。
  • 年間プランではドメインが無料。

短所

  • 多額の決済手数料。
  • 支払い方法が限られている。
  • アプリマーケットがない。
  • E-コマース機能がまだ限定的。

結論

自分のビジネスに適したEコマース・プラットフォームを選ぶのは、あなた次第です。それぞれのEコマースプラットフォームは、ビジネスのさまざまな要件に適しています。この記事を通して、あなたのビジネスに適した選択ができることを願っています。

►►►サービスについて