2021年のECビジネスモデルの6つのタイプ

6 Types Of Ecommerce Business Model In 2021

多くのEコマース・ビジネスモデルが適用され、ビジネスを成功に導いています。あらゆるタイプのEコマース・ビジネスモデルが繁栄しています。Eコマースは徐々にビジネスのトレンドになっています。トレンドから外れてはいけません。この記事では、「2021年の6種類のEコマースビジネスモデル」を紹介したいと思います。

1.企業間取引(B2B)

B2B

近年、Eコマースの中でも特に注目されているのがB2Bです。B2Bとは、business-to-businessの略で、オンラインの販売ポータルを介して企業間で商品やサービスを販売することです。企業の営業活動の効率化や効果を高めるために利用されています。

B2Bのビジネスモデルでは、企業が他の企業に製品やサービスを販売します。購入者がエンドユーザーの場合もありますが、多くの場合、購入者は消費者に再販します。

ここでいうB2Bモデルのお客様とは、個人ではなく、企業や事業所、店舗などを指します。したがって、契約や注文の価値が通常は非常に大きく、電子商取引プラットフォームですぐに取引できず、(必要な場合に)外部契約を結ばなければならないということがあります。

2.企業対消費者(B2C)

B2C

B2C(Business-to-Consumer Model)とは、企業、会社からお客様へのビジネスモデルのこと。一方が製品やサービスを提供する企業であり、もう一方がその製品やサービスの最終消費者であるという取引です。これは世界的にかなりポピュラーなビジネスモデルである。

B2Cモデルでは、企業は個人消費者にアプローチし、製品やサービスを提供します。B2C企業がお客様に提供できる商品・サービスは、自動車、リゾートサービス、FMCG(Fast-Moving Consumer Goods)など多岐にわたります。

3.消費者から企業へ(C2B)

C2B

C2Bとは、Consumer to Businessの略。消費者が価値を生み出し、それを企業に再販するビジネスモデルのこと。企業が最終消費者に商品やサービスを提供するという一般的なB2Cの概念とは異なり、C2Bでは企業が消費者から価値を引き出し、その逆も可能です。

C2Bモデルでは、取引に関連する役割を確立し、消費者が企業に価値を提供する必要があります。

4.消費者対消費者(C2C)

C2C(Consumer-to-Consumer)とは、買い手と売り手がともに個人であるビジネスモデルのことです。通常、この取引はオンライン環境で行われ、第三者のオンライン仲介販売プラットフォームや仲介オークションサイトを介して行われます。

C2Cモデルの主な活動 オークションは交換、サポートサービス、仮想資産の販売等です。

5.企業対行政(B2A)

B2A

B2A(Business-to-Administration)は、B2G(Business-to-Government)とも呼ばれ、企業と行政や政府機関との間のあらゆる取引を指します。政府機関は、中央のウェブサイトを利用して、さまざまな企業組織と取引や情報交換を行います。この分野は、特に社会保障、雇用、法律文書など、多くのサービスが含まれています。

他の企業や消費者と直接やりとりすることに慣れている企業は、政府機関とのやりとりではハードルが高いことが多い。規制が重なると、契約プロセスの全体的な効率性が損なわれるため、政府は民間企業よりも承認されてプロジェクトに着手するまでに時間がかかる傾向があります。

6.コンシューマー対アドミニストレーション(C2A)

消費者から行政へ(C2A)の電子商取引は、個人と行政の間のすべての電子取引を網羅しています。C2A 電子商取引モデルでは、消費者が公共部門に関する質問を投稿したり、地方自治体や政府機関に直接情報を要求することができます。C2Aは、消費者と行政の間のコミュニケーションを簡単に確立する方法を提供します。

C2Aの例としては、税金(確定申告)、健康(オンラインサービスを利用した予約)、高等教育の授業料の支払いなどがあります。

ソース

►►►サービスについて