2021年ウェブサイトデザインのトレンドは何か?

2021年のウェブサイトデザインのトレンド

ここ数年、デザイン業界は、新しいトレンドが実を結び、より主流になるにつれて変化してきました。現在、ほとんどのデザインは、ミニマリズム、大胆な色使い、未来的な構成に傾いており、これらのトレンドは2020年、2021年、そしてそれ以降も続くと予想されます。世界中のデザイナーたちは、バランスのとれた調和のとれたパターンに向かって、新しいカラー、フォント、デザインのトレンドを発見しようとしています。デザインのトレンドが明らかになるまでに時間がかかるものもありますが、次のようなものはすぐに考慮して、ウェブサイトのデザインを将来に備えたものにする必要があります。

1. ミニマリズム

ユーザーエクスペリエンス(UX)の「8秒ルール」は、デザイナーがユーザーの注目を集めるために必要な時間を8秒に設定したものですが、この考え方に対応するのが「ミニマリズム」という概念です。ミニマリズムとは、グラフィックデザイナーが、限られた必要な要素だけを盛り込むことで、ユーザーの注意を引くことができるというものです。しかし、数年前まではミニマリズムといえば白と黒の2色でしたが、最近ではデザイナーのカラーパレットのバリエーションが増え、ミニマリズムのデザインに取り入れられるようになってきました。

「デザイナーやエンジニアが扱う素材には、絵や抽象的な記号、素材、色などがあります。デザインとは、これらの素材の関係性を発見し、アレンジや再配置を行うことです。」

– Paul Rand―

2. スクロールテクニック

HomeSociétéの提供のスクロールテクニック例

上にスクロールすると、下にスクロールする。インターネットの黎明期から、このルールは試行錯誤されてきました。タッチ機能を搭載したデバイスが増えてきた今、スクロールが追いついてくるのは当然のことでしょう。サイトでは、横方向へのスクロールなど、さまざまなスクロール機能を簡単に伝えることができます。これにより、あなたのサイトが他とは違うことが一目瞭然となり、人々のデバイスの使用方法をよりよく活用することができます。

3. マイクロアニメーション

Microanimations example

TheDigitalの提供によるマイクロアニメーションの例

新しいスクロール技術は、有機的なマイクロアニメーションとうまく組み合わされます。つまり、新しい静的なページにスクロールするのではなく、アニメーションの中にスクロールするのです。これにより、質の高いビジュアルに含まれる重要な情報へと視線を誘導することができます。予測できないことで、訪問者の注意を引きつけることができます。

4. インタラクティブなデザインと機能

NikeReactの提供によるインタラクティブなデザイン

デザイン業界にアニメーションの流れができたのは、かなり昔のことです。また、長年にわたり、業界に旋風を巻き起こすような展開も見られました。インタラクティブなデザインは、2019年のより人気のあるトレンドの一つでしたが、その傾向は2020年も続いており、2021年以降も前進し続けると予想されています。

グラフィックデザインに限らず(ウェブデザインもインタラクティブにできます!)、インタラクティブなデザインは、視聴者の間で広く人気があり、視聴者の注意を引きつけ、維持するのに優れた役割を果たしています。視聴者に1つのインタラクティブな要素を見せると、視聴者はもっと探してサイトにとどまるでしょう。グラフィックデザイナーはこの傾向を利用して、より多くのインタラクティブなデザインを考案していくでしょう。

質の高いインタラクティブ機能は、印象的にデザインされています。多くの場合、グラフや地図の形で表示され、お客様にとって有益な情報や興味深い情報を伝えています。特にコンテンツ制作との相性は抜群です。例えば、ある産業の豊かな歴史や、ある技術や製品がどのようにして世界に広がっていったのかを、インタラクティブな機能を使って説明することができます。このような機能は、ブランドが発信する知識をお客様に信頼していただくための情報であり、深く魅力的です。

最近のWebサイトは、退屈で平凡なものになってしまいがちです。現代のウェブサイトには、現代的な能力を活用する必要があります。アニメーションやイントロ画面など、特定の要素を回転させると、訪問するたびに異なる方法でビジネスを紹介されることになります。一貫性のある要素は必要ですが、訪問するたびに異なる要素を取り入れることで、新鮮さを保つことができるのです。

5.未来のイメージとパターン

Website designers futuristic

今年は、未来的なイメージやパターンをデザインに取り入れることが流行の兆しを見せています。これは、デザイナーの頭の中にあるものを何でも作り出すことができる洗練されたツールのおかげです。多くの企業がブランディング戦略に未来的なパターンやイメージを取り入れることで、オーディエンスの注目を集めています。2020年、2021年も、デザイナーには思い切って目に飛び込んでくるようなデザインを期待しています。

その方法のひとつが、立体的な要素を用いることです。Webサイトに奥行きやスケール感を持たせるために、VRを駆使する必要はありません。平面的なものでも、簡単な演出で奥行きを感じさせることができます。また、あるものが手前に、あるものが奥にあるように、視覚的なレイヤーを作ることでも奥行きを出すことができます。これらの効果は、ユーザーがより快適に過ごせるようにするためのシンプルなデザイン上の工夫です。

6. 抽象的、非対称的なビジュアル

TejChauhanによる抽象的で非対称なデザイン

未来派を実現するもうひとつの実験的で難しい方法は、抽象化です。抽象的なデザインは、コアとなる視覚的要素に根ざしていなければなりません。抽象的な形は、グラデーションを使って際立たせたり、大きな文字を前面に出して、伝えたいメッセージを見失わないようにしたりします。

抽象的なメニューデザインは、画面の隅々まで異なるメニューオプションを配置することができますが、携帯電話の画面であっても明らかでなければなりません。これを採用すると、そのコーナーから次のページがスクロールしてきて、アニメーションが表示されるようになります。

また、未来的とは、非対称であることも重要です。アシンメトリーなビジュアルは、スクリーン上のネガティブスペースを利用したものです。特定のエリアにネガティブスペースを設けることで、重要な情報を簡潔に、かつ視覚的にアピールすることができます。左右対称にすると、ページが退屈になったり、予測不可能になったり、広告のように見えたりする危険性があります。一方、左右非対称にすると、(無理のない範囲で)人の注意を引くことができます。ネガティブスペース、グラデーション、アシンメトリー、やや斜めに配置するなどの特徴を組み合わせることで、情報の緊急性を感じさせることができます。

7.グラディエント

Gradient

グラデーションといえば、写真やグラフィックデザインの古いルールのひとつに「視線」があります。人物やキャラクターが登場する画像には、訪問者に読んでもらいたいページの次の要素を見る目や手のジェスチャーを組み込むことが多いはずです。これにより、画像とテキストの間に自然な流れが生まれますが、時にそれは明白であり、使いすぎてはいけません。グラデーションも同じような仕組みです。ページ全体にグラデーションの色の変化をつけることで、視線を誘導し、情報を読んだり、文章に誘導されたりすることが、より自然で快適に感じられるようになります。

8. ボトムアップまたは親指で操作するナビゲーション

SmashingMagazineの提供によるサムゾーンマップの例

ほとんどのメニューはページの上部にあります。しかし、一部の企業では、サイドにメニューを配置したり、マウスオーバーしたときにメニューが表示されるような工夫をしています。これらのメニューは、ワイドスクリーンのモニターや横向きのモバイルデバイスで特に有効です。しかし、最新のウェブサイトデザインでは、メニューを下部に配置することで、ユーザーの利便性を高めることができます。これにより、ビジュアルや情報が上位に優先されるとともに、モバイルデバイスのユーザーにも快適さを提供することができます。

9. アーティスティックで大きなタイポグラフィ

芸術的なタイポグラフィは、かつてないほど人気があります。デザイナーは注目を集めるために、タイポグラフィの革新性を求めています。重く、太く、大胆で注目を集めるフォントを扱うタイポグラフィの概念であるマキシ・タイポグラフィは、2019年に普及し、好調でした。さらに、2020年は太いフォントと大きなサイズのレタリングの年になると考えてよいでしょう。

これは、モバイルデバイスがコンピュータの使用を上回っているため、特に重要です。大きな文字は目に優しい。また、特定のメッセージを単純化せざるを得なくなります。これにより、注目を集めることができます。また、文字を大きくすることで、ビデオやアニメーションなどのビジュアルをより複雑にすることができます。これはネット上の現代的なトレンドかもしれませんが、テレビコマーシャルが大きな文字とシンプルなメッセージを採用していることを考えれば、実はネット上で今になって有効になってきた実証済みの戦略なのです。

同様に、2019年は、デザイナーがタイポグラフィとともに2次元や3次元の形状を使ってユーザーの注意を引くことができました。この傾向は、2020年にも、半透明のタイポグラフィのトレンドの需要の高まりとともに、拡大する可能性があります。半透明とは、言葉の部分を重ね合わせ、2つ目のコピーを画像やメディアなどのデザイン要素に対して半透明にするという概念です。2020年以降、多くのデザインコンセプトの焦点になると考えています。

10. カラースキーム

SimplyChocolateの厚意により提供されている配色の例

もしかしたら、お客様の中には大ファンの商品があるかもしれません。その製品には、特定のカラースキームが存在します。その商品を楽しんでいただくための配色を作ることができます。他のお客様には、以前に購入した商品や訪れたことのある商品に合わせて、異なる配色を用意します。配色を変更できるようにすることで、お客様がサイトの見せ方を好きなようにカスタマイズできるようになります。配色の変更は、各配色で表示や読みやすさをテストしたページに限定するとよいでしょう。

就寝前にサイトを閲覧するお客様のために、ダークモードを使用することは、非常に人気のある(そしてあまり使われていない)機能です。明るい背景に暗い文字ではなく、暗い背景に明るい文字に切り替えることで、目の疲れを軽減し、夜でも快適にサイトを閲覧できるようになります。このように、小さなことでもカスタマイズできると、お客様はそのサイトに愛着を持ち、再訪する可能性が高くなります。

11.結論

2020年と2021年は、革新的なタイポグラフィ、未来的なデザイン、ミニマリズム、そして、現実と人工、無形と有形、過去と未来などのユニークな要素が融合したものになると思われます。さらに、デザイナーがシンプルなデザインを目指し、さまざまなタイプの抽象的な要素を取り入れているのも期待できます。

ここでは、さまざまな要素を組み合わせ、融合させることで、記憶に残るウェブサイトのユーザー体験を生み出すことができることがわかります。要素を組み合わせる際には、重要度の高いものから低いものへと優先順位をつけたリストを用意しましょう。そうすることで、ウェブサイト全体の中核となるビジュアルデザインを維持することができます。また、忙しくなりすぎた場合でも、どの要素を最初にカットすべきかがわかります。重要なのは、検索をクリックに、そして探索を購入につなげることです。このような最新のウェブサイトデザイン機能を使って、自分を律することができれば、すぐに結果を出すことができるでしょう。

 

デモを申し込む

弊社の専門家は最適なソリューションをサポートさせて頂きます。

ソース

►►►サービスについて