Sitecore 10.1のメリットは何ですか?

Benefits of sitecore 10.1

Sitecoreは、Sitecore Experience Platform (XP) 10.1のリリースにより、ユーザーやビジターの体験を向上させる活動を続けています。

エンドユーザーやWebサイト訪問者に卓越した体験を提供します。Sitecore XP 10.1へのアップグレードをご検討ください。

1.Sitecore 10.1の特徴は?

昨年リリースされたSitecore 10では、多くの機能が導入されました。例えば、アナリティクスレポートの改善、コンテナへの展開、ヘッドレス開発、Sitecore AIによる自動パーソナライゼーションの標準搭載、サイトオーサリングとワークフローの改善などが挙げられます。

Salesforce Marketing Cloudとの統合機能や、ヘッドレスサービスの向上などが加わり、Sitecore 10.1ではさらに強化された新しいメリットがあります。

  1. アップグレードプロセスの改善
  2. ホライゾン
  3. コンテンツプロファイリング
  4. フォーム
  5. 検索
  6. インフラと構成

1.1. アップグレードプロセスの改善

アップグレードの効率化は、Sitecoreの定番のメリットとなっています。バージョン10.1も同様です。新しいアップグレード技術の搭載により、アップグレードプロセスの効率が格段に向上しました。その結果、より迅速なバージョンアップが可能になりました。

1.2. ホライゾン

ページ内エディターに新機能が追加され、コンテンツエディターがデータソースアイテムを作成・編集できるようになりました。

コンテンツエディターは、リンクフィールド、数字フィールド、チェックリスト、ドロップダウンメニューフィールドを編集できます。アイテムとそれぞれのサブアイテムは、Horizonで直接公開することもできます。

また、インターフェースに検索機能が追加されました。コンテンツエディターは、Horizonを使ってコンテンツアイテム、ページ、メディアアイテムを検索することができます。

1.3.コンテンツプロファイリング

Sitecore 10.1では、マーケティング担当者は複数のアイテムにプロファイルカードを割り当てることができます。これは、マーケティング定義マッピングに新しい条件とルールが導入されたためです。

また、Contact Behaviour Profileファセットの計算方法もリファクタリングされました。以前は、最新の訪問者とのインタラクションからのプロファイルスコアのみが保持されていました。バージョン10.1では、計算されたファセットは、すべての訪問者のインタラクションから集約されたプロファイルスコアを含みます。

1.4. フォーム

Sitecore Formsには3つの新機能/改良機能があります。1つ目は、各フィールドタイプで利用可能なCSSクラスオプションのオートコンプリートリストを作成できるようになったことです。2つ目は、新しい「Send Email」送信アクションで、3つ目は、フォームフィールドの検証の改善です。

1.5. 検索

Sitecore 10.1では、操作に失敗したときにSolrがどのように機能するかを設定できるようになりました。また、Solrサービスの可用性をプログラムでテストできるようになりました。

1.6. インフラストラクチャと構成

ホスティングのオーバーヘッドを削減するために、エクスペリエンスデータベース(xDB)レポーティングロールがコンテンツ管理ロールと統合されました。

Sitecore 10.1のxConnectには、Scalable Reads機能が搭載されています。これにより開発者は、読み取り専用/二次コピーのいずれかを使用して、読み取り専用のワークロードからプライマリデータベースをオフロードすることができます。

未使用の分析データをクリーンアップするために、新しいデータパージツールがあります。

2.Sitecore 10.1へのアップグレード

Sitecore 10.1は、開発者、マーケティング担当者、コンテンツ編集者向けに開発されたSitecore XPの10番目のバージョンです。また、Sitecore 10.1は、優れたカスタマーエクスペリエンスを提供し、それを測定するための強力なツールです。

 

►►►サービスについて