EC-CUBEとは?

cms-ec-cube-3

cms-ec-cube-3

情報技術の爆発的な発展により、ネットショッピングはかなり普及し、私たちの生活に密着したものになってきています。そのため、このニーズに合わせてECが結成され、EC-CUBE (ECキューブ)と呼ばれる日本のECサイトの構築に非常に大きな割合を占めています。今回の記事では、EC-CUBEをより深く理解するための参考にしてみましょう。

1.EC-CUBEとは?

EC-CUBEは、2006年に株式会社ロックオン(Lock – On) が開発したオープンソースのWebサイト用コンテンツ管理システムです。機能や操作性を簡単に扱えることから、日本で開発されたCMSです。ECキューブが最も効果的に機能するのは、便利なオンライン決済システムとSEO標準の販売サイトテンプレートを統合した販売サイトのデザインで、簡単にgoogleの上位に表示されるようにしてくれます。

2. EC-CUBEできること

この機能は、複数のインデックスを選択できるECWebサイトに不可欠です。

ショッピングカート機能

この機能は、複数のインデックスを選択できるECWebサイトに不可欠です。

製品を検索

この機能により、ユーザーは関連キーワードで商品を検索できます。

商品一覧ページ

登録済みのカテゴリ別に製品のリストを表示できます。

お支払い方法を選択してください

管理画面で、ユーザーはフォームと支払い料金を登録することで支払い方法を選択できます。

会員登録機能

ユーザーは情報を登録することができ、管理システムはその情報を管理する責任があります。

おすすめ商品を表示

最初のページの推奨ボックスに、提案されたアイテムを表示できます。

製品レビューを管理する

不適切なユーザー入力のレビューを削除するなど、製品レビューを管理できます。

 

cms-ec-cube-2

販売状況

現在の売上を管理し、メンバー数をフロントページに表示できます。

インストールポイント

すべての製品を均等にインストールするだけでなく、アイテムごとにポイント許容率を設定できます。

メールマガジンを送る

ジャーナルメールの検索・配信ができます。

上記の点に加えて、EC-CUBEは無料でカスタマイズできるためユーザーにとっても魅力的であり、機能を追加するプラグインを使用すると、独自のショッピングプラットフォームを構築できます。

EC-CUBEを使用する利点

元の割引

EC-CUBEはオープンソースソフトウェアであるため、ソフトウェアの購入費用や月額サービス料なしで無料で使用できます。

ただし、EC-CUBEを使用するには、サーバーとドメイン名も必要なため、無料のECサイトを実行することは困難です。ただし、初期投資コストを節約できます。

機能性が顕著

上記で紹介したように、EC-CUBEには、カート機能、商品検索などのフロントエンド機能、ユーザーレビュー、情報などの管理機能、顧客情報や注文情報、購入ポイント、顧客回収機能など、多くの機能があります。 EC-CUBEに標準セットされています。これらの機能を利用することで、ECのウェブサイトを瞬時に構築・運用することができます。

自由にカスタマイズ

EC-CUBEの優れた利点の1つは、プラグインとデザインを追加および変更することで、機能とデザインを自由にカスタマイズできることです。

ある程度ウェブサイトを運営し続けたい場合は、新機能を追加したり、商品ラインを変更したりして、デザインを革新する必要があります。EC-CUBEには合計約1,000のプラグインデザインがあります。その結果、簡単に機能を追加したり、設計を変更したりできます。

さらに、セクター固有の設計および機能用のプラグインがあります。したがって、さまざまなタイプのECサイトに対応できます。

EC-CUBEに関するの情報を紹介いたします。この情報がECコンテンツ管理システムの理解に役立つことを願っています。

►►►サービスについて