Sitecore CMSを導入する理由

中規模から大規模のビジネスを運営している場合、Sitecore XPまたはXMはリストの上位に入るはずです。お客様のデジタル目標を満たすことができるWebコンテンツ管理システム(WCMS)です。

Sitecoreは、強力なマーケティングツールを備えた、世界をリードするデジタルエクスペリエンスプラットフォームです。世界中の何千ものマルチサイト、マルチ言語のビジネスで使用されています。複数のWebサイトや国際化に対応できることが、Sitecoreを選択した主な動機のひとつです。

Sitecoreでは、訪問者に何を提示するかについての制約がありません。すべてのプラットフォームやデバイスで、訪問者に多様な体験と魅力的なデザインを提供することができます。

Sitecoreがデジタルエクスペリエンスプラットフォームのリーディングカンパニーであるための主な差別化要因は以下の通りです。

1.ゼロから構築されたシングルプラットフォーム

Sitecoreは常に進化し続けています。年に一度のアップデートとリリースにより、定期的に少しずつソリューションが追加されます。

更新された機能は、ゼロから構築されています。これらの機能は、共通のコードベースと共有のアプリケーションプログラミングインターフェース(API)を使用しています。これにより、コード管理と品質が向上し、開発者の学習曲線が短縮されます。

同様に、Sitecoreのユーザーインターフェース(UI)は、Sitecore Experience Platform(XP)のすべてのさまざまな機能で標準化されています。これにより、ユーザーはプラットフォーム全体を最大限に活用することができるため、その機能の習得が非常に容易になります。

機能セットは、1つのユーザーフレンドリーなインターフェイスから利用できます。これにより、複数のシステムにログインしたり、ログアウトしたりする必要がないため、採用の可能性が高まります。

2.任意のサイトおよび任意のチャネルでコンテンツ使用

Sitecoreの最初のバージョンから、CMSはヘッドレス、つまりコンテンツとプレゼンテーションを分離しています。

ヘッドレスCMSには多くの利点があります。最も重要なのは、コンテンツを異なるサイトやチャネルで再利用できることです。同じコンテンツでも、消費されるチャンネルに合わせてフォーマットを変えることができます。例えば、ウェブ、モバイル、ソーシャル、アプリなどです。

Sitecoreでは、ページ内にコンテンツコンポーネントを使用しています。ページは、再利用可能なコンテンツアイテムのセットで構成されています。

コンテンツコンポーネントは、同じSitecoreソリューション内の多くのページや多くのサイトで再利用することができます。また、コンテンツ編集者やマーケティング担当者は、コンテンツコンポーネントをパーソナライズしたり、テストしたりすることができます。

ページの作成は簡単です。エクスペリエンスエディターでは、コンテンツエディターがシンプルなWYSIWYGインターフェイスで、利用可能なコンポーネントに基づいて新しいページレイアウトを作成できます。

また、コンテンツ編集者は、各コンポーネントがコンテンツ承認のどの段階にあるかを確認できます。これにより、すべてのコンテンツ要素が必要なときにリリースされるようになります。

3.高度なパーソナライゼーション

訪問者に合わせてコンテンツを提供することは、今やデジタル戦略の定番となっています。Sitecore XPは、場所やキャンペーンなどのさまざまな条件に基づいてターゲット層にコンテンツを配信することで、マーケティング担当者のROI目標の達成を支援します。

Sitecoreの高度なパーソナライゼーションラールは、お客様のビジネスに固有のオーダーメイドのルールでさらに拡張することもできます。

AI技術の進化に伴い、Sitecoreのサービスも進化しています。人工知能(AI)による自動パーソナライゼーションは、Sitecore 10の標準機能となる予定です。これにより、マーケターはパーソナライゼーションを簡単に始められるようになり、時間とコストを節約できるようになります。

4.強力な機能

Sitecoreは、デジタルマーケティング担当者が測定可能な顧客体験を提供できるように、すぐに使える強力な機能と補足的な機能を備えています。以下のような機能があります。

  • キャンペーンや目標の作成と追跡
  • プロファイルやペルソナの作成、コンテンツへのタグ付けによる訪問者の行動の把握
  • パスアナライザーを使用してパスやファネルを作成し、訪問者がウェブサイトを通過する経路を分析する。
  • AIパーソナライゼーション
  • ワークフローによるコンテンツの調整
  • コンテンツのテスト
  • フォームの作成とトラッキング
  • イベントやタクソノミーの作成
  • マーケティングオートメーション計画の構築
  • Email Experience Manager(EXM)によるメールキャンペーンの送信
  • シングルカスタマービュー
  • Print Experience Managerによる高品質なPDFの生成
  • Sitecore Commerceによるストアフロントの構築
  • Content Hubによる膨大なコンテンツの管理

5..NETとMicrosoft Azure

Sitecoreは、初期のリリースから.NETプラットフォームを使用して構築されています。その豊富なAPIにより、ERPやCRMなどの外部システムとの柔軟で拡張性のある統合の機会が増えています。

SitecoreとMicrosoftは共同で、パーソナライズされた訪問者の旅を構築するための機械学習など、Azureのサービスを拡大しています。

6.インテグレーション機能

Sitecoreは柔軟性が高く、多くのサードパーティシステムとの統合が可能です。Dynamics CRM、Dynamics 365、Salesforce Marketing Cloudのほか、Active Directoryモジュールなどのコネクタがすぐに利用できます。これらのモジュールにより、特定のビジネスニーズに合わせて、使いやすく、一貫性があり、保守性が高く、アップグレード可能な方法でカスタマイズすることができます。

また、統合されています。

  • CoveoおよびSOLR(検索)
  • Smartling、Lionbridge (言語移行)
  • Ooyala、Brightcove(動画)
  • Telligent(コミュニティ
  • Twitter、Facebook、Klout(ソーシャル)
  • などです。

デジタル資産管理(DAM)のために、Sitecoreはメディアライブラリを内蔵しています。これは、コンテンツデータベース、Azure blobストレージ、またはファイルシステムにアセットを保存するように設定できます。Sitecoreには、デジタルアセット管理とアセット作成のためのより広範な機能を備えたContent Hubもあります。これにより、コンテンツの企画、制作、コラボレーション、管理を単一の統合されたソリューションで統一することができます。

メディアライブラリのアセットはファセット化され、検索によるインデックス化が可能です。ファセットやタクソノミーによる検索などの検索機能が組み込まれています。使用権は、コンテンツに適用されるのと同じように、粒度の高いロール/ユーザー方式で制御できます。なお、SitecoreはDigizuiteなどのサードパーティ製のDAMシステムとも連携しています。

 

デモを申し込む

弊社の専門家は最適なソリューションをサポートさせて頂きます。

►►►サービスについて