なぜインクルーシブ・マーケティングは標準であるべきなのか?

インクルーシブ・マーケティングとは、伝統的に社会的弱者とされてきた多様なコミュニティを対象としたマーケティング・コンテンツを作成し、彼らがブランドを体験し、つながりを持てるようにするとともに、公共の場での彼らの声を高め、偏見や有害な固定観念を減らすことです。

インクルーシブ・マーケティングは、人のアイデンティティのすべての層を考慮します。人種、性別、性的指向、年齢、宗教、経歴、能力、体格などに関係なく、人々の心に響くブランドのメッセージを伝えることができます。また、複数のアイデンティティを持つ人がいることを認識し、彼らの声を尊重し、積極的に聞いたり見たりする必要があります。

インクルーシブ・マーケティング戦略の一つのポイントは、人間の特定の価値観や経験はすべての人に共通しており、ブランドメッセージはすべての人に語りかけるものでなければならないということです。すべての人間は同じような経験を共有しており、年齢を重ねるときやキャリアを変えるときに障害を乗り越えています。安全、友情、家族、より良い機会など、誰もが同じ感情や恐怖に対処しており、これこそがインクルーシブ・マーケティングの対処法なのです。

インクルーシブ・マーケティングでは、ブランドの製品やサービスが人々とより深いレベルでつながり、彼らが目に見える形で理解されていると感じられるようにします。

1.インクルーシブ・マーケティングが貴社のブランドにもたらすもの

世界は変わりました。Y世代やZ世代は、社会を反映していないイメージやメッセージでターゲットにされることに満足できなくなっています。過去の「クッキーカッター」のような考え方は、購買力が高まっている世代にはもはや響かないのです。

パーソナライゼーションが不可欠であること、そしてお客様が自分に語りかけてくるブランドとの対話を選ぶことを知っています。ターゲット層を特定することは今に始まったことではありませんが、今日では、ますます多様化する現代社会を反映し、促進するソーシャルプレゼンスが必要です。

このパラダイムシフトにより、ブランドは物語を変え、ネガティブなステレオタイプを永続させるのではなく、払拭する力を持っています。旧態依然とした慣習を捨て去ることは、企業の評判に深刻な影響を与え、オンラインプラットフォーム上で恥をさらすことになり、しばしば広報活動のダメージコントロールの危機に陥ります。

視聴者は、ブランドやコンテンツの中に自分自身を見出したいと思っています。もしそうでなければ、自分が含まれていると感じられ、代表されていると感じられる会社を探すでしょう。製品やサービスを使用している人に共感できる人は、コンテンツに関心を持ち、忠誠心を示してくれる可能性が高くなります。インクルーシブ・マーケティング戦略は、このアプローチを採用していない競合他社との競争力を高めることができます。

2.職場から始まるダイバーシティ

企業が包括性を推進する際に直面する課題の一つは、そのメッセージと価値観をチーム内で守ることです。リーダーシップにおける多様性の欠如は大きな話題となっており、企業は変化し続ける状況を反映し、より多様な労働力を確保するよう圧力をかけられています。

ダイバーシティとインクルージョンは同じものではありませんが、「誰一人取り残さない」という同じ最終目標を念頭に置いて、互いに絡み合っています。実際、多様なスタッフとリーダーシップは、対象となる人々とより深いレベルでつながるメッセージを生み出すのに役立ちます。

多様なコミュニティへの参加を推進していても、社内でそれを反映していない企業は、信頼性や誠実さに欠けると思われてしまいます。顧客は言葉をただ信じるのではなく、説 明したことを実行しているという証拠を求めています。

インクルーシブ・マーケティングを行っていながら、組織内に多様性を取り入れることができない企業は、自分たちが売っているものを完全には信じておらず、注目を集めるためにマーケティング・トレンドを利用しているだけだという印象を与えてしまいます。

3.固定観念を払拭し、思い込みを避けること

コンテンツにはインクルージョンを反映させ、攻撃的、無神経と誤解されるような言葉を避けるようにしましょう。スラングやストリート用語は、有害な固定観念に由来している可能性があり、視聴者が誤って解釈する可能性があります。また、代名詞の使用についても注意が必要です。

聴衆の思い込みを避けるために、”they “のような性別を問わない代名詞をコンテンツで使用するべきです。

上記では、文章コンテンツでのインクルージョンについて述べましたが、ビジュアルメディアにも気を配り、さまざまな場面で多様性を盛り込むことが不可欠です。多種多様な人が集まった円卓会議のイメージは一般的であり、称賛に値しますが、本当の意味でのインクルーシブを実現するには、一般的なものを超えて、より深く掘り下げていく必要があります。上司の容姿、スポーツ選手、郊外の若い家族の表現方法など、固定観念に挑戦してみましょう。そうすることで、包括的であることの意味をより深く理解することができます。

4.レビュープロセスを設けること

ソーシャルメディアが24時間365日稼働している現在、社会的な失態は危険であり、社会的信頼を回復するためには大規模なダメージコントロールが必要となります。最終的なコンテンツを公開する前に、必ず一歩下がって分析しましょう。流用や差別的な言葉が使われていないか、別の視点から見直し、多様なレビューパネルに意見や見解を求めましょう。繰り返しになりますが、さまざまな経験や視点を持った多様なチームを編成することの重要性を述べています。どんなに締め切りが迫っていても、コンテンツレビューのプロセスを省略してはいけません。その結果、広報活動に悪影響を及ぼす可能性があります。

5.今後のインクルーシブ・マーケティング

インクルーシブ・マーケティングは、多くの人にとってまだ比較的新しい概念です。マーケティング担当者が、多様性のある社会の中でインクルーシブなブランドになるための最善の方法を理解しようとする中で、この概念はますます広がっていくことでしょう。インクルーシブ・マーケティングとは、企業がオーディエンスとオープンな対話を行い、他の方法では存在感が薄く、声が聞こえないと感じている人々を惹きつける機会です。インクルーシブ・マーケティングとは、あるグループを犠牲にして別のグループを作ることではなく、すべての人が積極的かつ敬意を持って見られ、聞かれるようにすることです。一朝一夕に成功するものではありませんが、狭い視野や偏見は今も昔も存在します。しかし、マーケターは包括性を例外ではなく標準にすることで、社会に変化をもたらすことができるのです。

 

デモを申し込む

弊社の専門家は最適なソリューションをサポートさせて頂きます。

 

►►►サービスについて