ターゲットを絞ったSitecoreトレーニングに投資する必要がある理由

 

企業がサイトコアを導入するのは、新しいWebサイトなど、新しいデジタルプロジェクトを実現するためです。マーケティングチームやITスタッフにサイトコアの使い方、コーディング、管理方法などのトレーニングを行うのは、多くの場合、プロジェクトの最中または後に行われ、通常は納品されたばかりの新しいWebサイトを管理するために必要な範囲内で行われています。トレーニングは重要ですが、基本的にはプロジェクトの成果物であり、長期的な視野に立って提供されるものではありません。
サイトコアを最大限に活用したい企業は、サイトコアのトレーニングをより包括的かつ長期的な視点で捉え、単発のイベントとしてではなく、継続的な活動として計画する必要があります。これは、サイトコアへの投資を最大限に引き出し、ROIを達成し、プラットフォームの機能を最大限に活用するためには絶対に必要なことです。サイトコアのトレーニングに関しては、サイトコア社によるトレーニング、オンラインやクラスルームでのトレーニング、SmartOSCジャーパン社のような専門家によるトレーニングなど、さまざまな選択肢があります。
ここでは、サイトコアトレーニングが重要な理由をいくつかご紹介します。

1. 基本的なことを知ること

初日からサイトコアの基本的な使い方を知っておく必要があるのは言うまでもありません。トレーニングは、プラットフォームの効果的な使用を促進し、ユーザーがプラットフォームの他の複雑な部分を探求するのに役立ちます。

2. 製品の広さと深さ

サイトコアは単独のCMSではなく、完全なデジタルエクスペリエンスプラットフォームであり、間違いなくエコシステムでもあります。機能の幅広さと、個々の機能の深さは相当なものです。サイトコアでは多くのことができますが、トレーニングを受けていないと、サイトコアで何ができるのか、それを実際にどのように提供するのかを完全に把握することは困難です。

関連トピック:CMSとDXPの比較

3. 高度な機能の利用

パーソナライゼーションやマーケティングオートメーションなど、サイトコアの優れた機能を十分に使いこなせなかったというのが、企業の共通の悩みです。経験では、ここでの知識不足が重要な障壁となっています。トレーニングを受ければ、これらの高度な機能をどのように使い始めることができるかを、実際にチームが理解することができます。

4. 自信を深めること

プラットフォームを使いこなす自信がないと、より良い顧客体験を提供するためにプラットフォームを使うことを躊躇してしまいます。これは、基本的なコンテンツ編集者が、ウェブページにコンポーネントを追加することでシステムを「壊す」ことになると考えたり、マーケティングマネージャーが、何かを実現するのは難しすぎると考えたりするなど、さまざまな形で現れます。トレーニングは単に知識を提供するだけではなく、プラットフォームの機能を探求するための自信を与えることも重要です。

5. 進化し続けるサイトコア

サイトコアはプラットフォームへの投資を続けており、リリースには大きな新機能が含まれることがあります。Sitecore Content HubSitecore AI、新しいエディターエクスペリエンス、開発者向けの新しいツールなど、これらはすべて比較的最近プラットフォームに追加されたものです。トレーニングはリリーススケジュールに合わせる必要があります。

関連トピック:Sitecore AIとは? パーソナライゼーションをいかに効率化するか?

6. 初期の知識はプロジェクトに役立つ

これからサイトコアの開発プロジェクトに参加する場合、プロジェクトの前に何らかのトレーニングを受けておくとメリットがあります。もちろん、開発を担当するコーダーはサイトコアの最新のノウハウを身につけておく必要がありますが、ビジネスサイドのマーケティングチームも、サイトコアの機能や基本的な仕組みについてある程度の知識を身につけておくことで、要件定義の際に役立ちます。また、サイトコアのトレーニングを受けることで、プロジェクトの進捗状況をより詳しく知ることができ、より有意義な意見を述べることができ、デジタルエージェンシーにも気を配ることができます。

7. 全員が異なる経験を持っていること

サイトコアを使用する人の経験の幅は大きく異なります。以前の職務でサイトコアを使用したことがある人もいれば、まったくの初心者もいます。そのため、ターゲットを絞ったトレーニングで全員の理解度を同じレベルにすることで、チームダイナミクスを高めることができます。もちろん、ITチームやマーケティングチームに新しいメンバーが増えれば、その人たちにもトレーニングを受けてもらう必要があるでしょう。

8. サイトコアは旅であるもの

サイトコアは旅のようなものです。Webサイトは様々なイテレーションを経て、デジタルサービスは変化し、チームの優先順位も変わります。チームは新しい機能を試しながら、より熟練し、より野心的になっていきます。例えば、多くのチームはパーソナライゼーションを最初は小さく始めて、それをより良く発展させる方法に気付きます。トレーニングは、チームがサイトコアとともに進化していくための重要な要素となります。

ターゲットトレーニングの重要性

サイトコアのトレーニングに投資する際には、さまざまなグループや個人のニーズに可能な限り合わせたトレーニングを行うことが重要です。関連性が感じられなかったり、基礎的すぎたり、複雑すぎたりするトレーニングは、不快感を与えたり、効果がなかったりします。

トレーニングを行う際には、役割、経験、個人のニーズという3つの要素を考慮する必要があります。

まず、最も明白なのが役割の違いで、主にコーダーとコンテンツ担当者に分かれます。Cylogyでは、さまざまなニーズを持つグループに対してサイトコアトレーニングを実施しています。

  • スーパーユーザーとマーケティングチーム
  • 開発者
  • IT管理者

さらに、サイトコアの編集機能以外の多くの機能を必要としないコンテンツ制作者をトレーニングする必要があるかもしれませんが、多くの場合、マーケティングチームが社内でこのトレーニングを行うことができます。通常、マーケティングチームがこれを実施できるようなレベルの知識を身につけさせようとします。

役割」の次に重要なのは、「経験と自信」です。例えば、サイトコアが初めての人や、パーソナライゼーションが初めての人もいるでしょう。また、パーソナライゼーションを次のレベルに引き上げる準備ができていて、基本的なことをカバーしたくない人もいるでしょう。

最後の3つ目の要素は、個人のニーズです。これには、個人の野心、開発ニーズ、学習スタイル、個人的な事情などが含まれます。これらの具体的なニーズを満たすことができれば、どんなトレーニングも一般的なアプローチよりもはるかに強く響くようになります。

ターゲットを絞ったサイトコアトレーニングへの投資

サイトコアへの投資を最大限に活用し、その能力を十分に発揮させるためには、必要なトレーニングに投資する必要があります。トレーニングは、役割、専門知識のレベル、個人の好みに合わせて行うとより効果的です。サイトコアのトレーニングについてのご相談は、こちらまでお寄せください。

 

デモを申し込む

弊社の専門家は最適なソリューションをサポートさせて頂きます。

►►►サービスについて